飛び込み日本選手権2日目…東京五輪代表、荒井祭里が女子高飛び込みで3連覇

荒井祭里が3連覇を達成
荒井祭里が3連覇を達成荒井祭里が3連覇を達成

22日、金沢市の金沢プールで行われている飛び込みの日本選手権が2日目を迎えた。

女子高飛び込みでは東京五輪の代表、荒井祭里(JSS宝塚)が331.90点をマーク。319.90点の宮本葉月(近畿大)に12点差を付け3連覇を果たした。

男子3メートル板飛び込みは、6度目の五輪出場が内定している寺内健(ミキハウス)が420.15点をマークし、5年ぶり自身15度目の戴冠を果たした。昨年まで4連覇していた坂井丞(ミキハウス)は体調不良により棄権している。

  • 決勝 - 女子10m高飛込 - 飛込 | YOG南京2014

    決勝 - 女子10m高飛込 - 飛込 | YOG南京2014

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!