飛込み

【飛込】日本選手権初日:東京五輪内定の三上紗也可が女子3m飛板で3連覇

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

第96回日本選手権水泳競技大会飛込競技が9月25日に開幕。女子3m飛板飛込予選・決勝と、男女シンクロナイズド飛板飛込決勝が行われた。女子3m飛板飛込では、Tokyo2020(東京五輪)日本代表内定の三上紗也可(米子DC/日本体育大学)が302.00点で3連覇を果たした。

男子シンクロナイズド飛板飛込では、東京オリンピック日本代表内定の寺内健と坂井丞(ミキハウス)が欠場。荒木宥図・須山晴貴ペア(NSP・松江DC)が408.60点をマークした。女子3mシンクロナイズドは、榎本遼香・宮本葉月ペア(栃木DC/近畿大学)が296.70点で優勝。2位は岩佐美理香・大窪博佳ペア(東京SC)だった。

第96回日本選手権水泳競技大会飛込競技は、ダイエープロビスフェニックスプール(新潟県)にて無観客で開催。競技の模様は日本水泳連盟YouTubeチャンネルでライブ配信されている。

第96回日本選手権水泳競技大会飛込競技結果(日本水泳連盟公式ホームページ)