飛込み

【飛込】日本選手権最終日:男子高飛込で玉井陸斗が連覇達成

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

第96回日本選手権水泳競技大会飛込競技は9月27日に最終日を迎え、男子高飛込の予選・決勝と、男女シンクロナイズド高飛込の決勝が行われた。男子高飛込では、玉井陸斗(JSS宝塚)が528.80点で同種目連覇。26日の3m飛板飛込に続き、今大会2冠を達成した。

男女シンクロナイズド高飛込では、村上和基・伊藤洸輝ペア(三重スポ協・日本大学)が369.69点をマーク。女子シンクロナイズド高飛込では、板橋美波・荒井祭里ペア(JSS宝塚)が304.44点を記録した。

第96回日本選手権水泳競技大会飛込競技は、ダイエープロビスフェニックスプール(新潟県)にて無観客で開催。競技の模様は日本水泳連盟YouTubeチャンネルでライブ配信された。

第96回日本選手権水泳競技大会飛込競技結果(日本水泳連盟公式ホームページ)