【1/19(日)】天皇盃・第25回全国男子駅伝の日程・放送予定|設楽悠太ら出場

天皇盃・第25回全国男子駅伝(通称:ひろしま男子駅伝)が1月19日に開催される。広島県・平和記念公園前をスタート・フィニッシュ。中学生から、元マラソン日本記録保持者・設楽悠太ら日本トップランナーまで、47都道府県の幅広い年齢層のランナーが出場する。全国男子駅伝の放送予定を紹介する。

天皇盃・全国男子駅伝に出場する設楽悠太(写真は2019年9月MGCでのもの)
天皇盃・全国男子駅伝に出場する設楽悠太(写真は2019年9月MGCでのもの)天皇盃・全国男子駅伝に出場する設楽悠太(写真は2019年9月MGCでのもの)

天皇盃・第25回全国男子駅伝:日程&放送予定

■日程

1月19日(日)12:30スタート(平和記念公園前・広島県)

■放送予定

【地上波】

【ネット】

■天皇盃・全国男子駅伝について

「天皇盃 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」は、国内の男子陸上競技中・長距離選手の強化育成と、駅伝競技の普及を目的に1996年に創設された。原爆ドーム(広島市)、厳島神社(廿日市市)という二つの世界遺産を結ぶ、7区間48.0km(平和記念公園前発着)のコースで、毎年1月に行われる。

最大の特徴は1、4、5区を「高校生」、2、6区を「中学生」、3、7区を「社会人・大学生」が走る、世代を超えたレースであること。選手は自身の出身地、もしくは出身校のある都道府県から出場できる。

■歴代優勝チーム

  1. 広島:2時間17分34秒
  2. 京都:2時間16分36秒
  3. 福岡:2時間18分15秒
  4. 兵庫:2時間16分50秒
  5. 鹿児島:2時間19分52秒
  6. 愛知:2時間20分07秒
  7. 福岡:2時間19分54秒
  8. 福岡:2時間19分06秒
  9. 長野:2時間20分08秒
  10. 長野:2時間20分02秒
  11. 長野:2時間20分23秒
  12. 兵庫:2時間19分40秒
  13. 長野:2時間21分06秒
  14. 長野:2時間18分43秒
  15. 兵庫:2時間20分02秒
  16. 栃木:2時間19分31秒
  17. 兵庫:2時間20分19秒
  18. 兵庫:2時間19分51秒
  19. 長野:2時間19分20秒
  20. 埼玉:2時間19分14秒
  21. 愛知:2時間20分13秒
  22. 長野:2時間19分9秒
  23. 埼玉:2時間19分10秒
  24. 福島:2時間19分43秒

※第4回大会までは7区間47km、第5回大会以降は7区間48km。

■注目選手

埼玉7区:設楽悠太(Honda)

1991年12月18日生まれ。ハーフマラソンの日本記録(1時間00分17秒)保持者。フルマラソンでは、2018年の東京マラソンで当時の日本記録2時間06分11秒をマークした(現在は大迫傑の2時間05分50秒)。2019年9月に行われたTokyo2020(東京五輪)マラソン代表選考レース、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)では、序盤からハイペースで飛ばしたものの、徐々に失速し14位。同レースでの東京オリンピック出場権獲得はならなかった。

福島7区:相澤晃(東洋大学)

1997年7月18日生まれ。2019年日本学生ハーフマラソン、ユニバーシアード・ハーフマラソン優勝などの実績を持ち、学生ナンバー1長距離ランナーの呼び声が高い。2019年度の学生駅伝では、出雲駅伝(3区)、全日本大学駅伝(3区)、箱根駅伝(2区)で区間新記録をマークしている。1月の箱根駅伝では、最優秀選手賞「金栗四三杯」に選ばれた。

天皇盃・第25回全国男子駅伝オーダーリスト

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!