【1/26(日)】第39回大阪国際女子マラソンの日程・放送予定|東京五輪代表選考レース

「第39回大阪国際女子マラソン(大阪府・ヤンマースタジアム長居発着)」が1月26日に開催される。今大会はTokyo2020(東京五輪)マラソン女子代表選考大会、MGCファイナルチャレンジのひとつ。福士加代子、小原怜、松田瑞生らが出場する。ここでは大阪国際女子マラソンの放送予定を紹介する。

5大会連続となるオリンピック出場を目指す福士加代子(写真はリオ五輪)
5大会連続となるオリンピック出場を目指す福士加代子(写真はリオ五輪)5大会連続となるオリンピック出場を目指す福士加代子(写真はリオ五輪)

第39回大阪国際女子マラソン:日程&放送予定

■日程

1月26日(日)12:10スタート(ヤンマースタジアム長居・大阪府)

■放送予定

【地上波】

【ネット】

■大阪国際女子マラソンについて

1982年から毎年1月に開催。長居公園内にある長居陸上競技場(ヤンマースタジアム長居)が、スタート・ゴール地点に設定されている。2020年大会は、東京オリンピックマラソン日本代表最後の1枠をかけた、「マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジ」の女子第2戦。設定記録の2時間22分22秒を突破した、記録最上位選手が東京オリンピック代表に内定する。同大会では過去、2時間22分22秒を突破した選手が出ており注目のレースとなる。

■大会歴代5傑

  1. 野口みずき(第22回・2003):2:21:18
  2. 千葉真子(第22回・2003):2:21:45
  3. 坂本直子(第22回・2003):2:21:51
  4. 福士加代子(第35回・2016):2:22:17
  5. ローナ・キプラガト(第22回・2003):2:22:22

※2011年よりコース変更

■注目選手

小原怜/自己ベスト:2時間23分20秒

1990年8月10日生まれ。2019年9月に行われたTokyo2020(東京五輪)マラソン代表選考レース、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)では、2時間29分6秒で3位フィニッシュ。2位の鈴木亜由子から4秒差で、惜しくも五輪代表内定とはならなかった。MGCファイナルチャレンジ3大会において、設定記録を突破した選手が出なければ五輪代表内定となるが、自ら代表の座を取りに行く。

福士加代子/自己ベスト:2時間22分17秒

1982年3月25日生まれ。アテネ、北京、ロンドン五輪ではトラック競技で出場。リオ五輪はマラソンで出場し、日本人最上位の14位だった。大阪国際女子マラソンでは2度優勝(2013年、2016年)している。2016年大会では、MGCファイナルチャレンジの設定記録を上回っている。2019年9月のMGCでは7位。

松田瑞生/自己ベスト:2時間22分23秒

1995年5月31日生まれ。2018年の大阪女子マラソンでは、初マラソン初優勝を果たした。2019年9月のMGCでは4位だった。2018年のベルリンマラソンでは2時間22分23秒をマークしており、これはMGCファイナルチャレンジの設定記録まで1秒に迫る。

■女子マラソンの日本代表選手選考

各国陸上連盟は各種目最大3名まで出場枠を与えられ、出場選手を決定する。男女ともに3枠を与えられている日本は、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)、MGCファイナルチャレンジの2段階で代表を選出する。

MGCの上位2選手は代表内定となる。3人目は、MGCファイナルチャレンジ3大会において、設定記録(2時間22分22秒)を突破した記録最上位の選手。この条件を満たす選手がいない場合、MGC3位の選手が代表となる。

1: マラソングランドチャンピオンシップ(MGC、2019年9月15日)

  • 優勝者;前田穂南(内定)
  • 準優勝者:鈴木亜由子(内定)
  • 3位:小原怜

2: MGCファイナルチャレンジ

  • 第5回さいたま国際マラソン(2019年12月8日)/設定記録突破選手なし
  • 第39回大阪国際女子マラソン(2020年1月26日)
  • 名古屋ウィメンズマラソン2020(2020年3月8日)

【東京オリンピック出場枠争い】マラソン・競歩

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!