【10月7日(月)】クライマックスシリーズ:ソフトバンク対楽天の日程・放送予定|パ・リーグCS 1stステージ第3戦

第3戦に先発する岸(写真左)と高橋(写真右)
第3戦に先発する岸(写真左)と高橋(写真右)第3戦に先発する岸(写真左)と高橋(写真右)

2019年のプロ野球もいよいよポストシーズンに突入。今年のパ・リーグのクライマックスシリーズ、ファーストステージは福岡ソフトバンクホークス(レギュラーシーズン2位)と楽天ゴールデンイーグルス(レギュラーシーズン3位)が激突する。埼玉西武ライオンズの待ち受けるファイナルステージに駒を進めるのはどちらのチームか。いよいよ第3戦、逆王手をかけて勢いに乗るソフトバンクと3位からの下克上を狙う楽天の注目ゲームの放送予定を紹介する。

クライマックスシリーズ1stステージ第2戦:ソフトバンク対楽天の日程と放送予定

<試合日程>

10月7日(月) 18:00プレイボール予定

<放送局/配信サービス>

両チームの予告先発

<ソフトバンク:高橋礼>

シーズン成績 12勝6敗 防御率3.34

<楽天:岸孝之>

シーズン成績 3勝5敗 防御率3.56

この試合のみどころ

バンデンハークと美馬学の投げ合いとなったパ・リーグCS1stステージ第2戦は、王手をかけられて追い込まれたソフトバンクが6-4で勝利した。柳田悠岐が初回と3回に打点を挙げ、中軸の役割を果たしチームを勝利に導いた。先発のバンデンハークは4回までに4点を失い先発の役割を果たせなかったものの、石川を筆頭とする中継ぎ陣が無失点に抑える力投を見せた。第3戦、ソフトバンクは今シーズン12勝の高橋礼を先発に立て、ファイナルステージ進出を決めたいところ。

一方の楽天は美馬が3発被弾し、打線も5回以降は沈黙し重要な第2戦を落とした。後がなくなった第3戦の先発は岸孝之。今シーズンは故障もあり15登板と少ないが、2017年は8勝、18年は11勝と勝利をマークしている。第2戦で3本のホームランを放ったソフトバンク打線を抑えられるか。

ソフトバンクがファイナルステージ進出を決めるのか、先に王手をかけた楽天が1stステージを突破するのか、注目のクライマックスシリーズ1stステージ第3戦目は7日18時プレイボールの予定だ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!