【10/19本戦開始】フィギュア・GPシリーズ第1戦・アメリカ|坂本花織、ネイサン・チェンら出場

フィギュアスケート・グランプリシリーズがアメリカ大会で開幕する 日本からは坂本花織らが出場を予定している
フィギュアスケート・グランプリシリーズがアメリカ大会で開幕する 日本からは坂本花織らが出場を予定しているフィギュアスケート・グランプリシリーズがアメリカ大会で開幕する 日本からは坂本花織らが出場を予定している

フィギュアスケートISUグランプリシリーズ初戦、「ISUグランプリスケートアメリカ」が現地時間10月18日(金)からアメリカ・ラスベガスで開催される。ここではグランプリシリーズ第1戦・アメリカ大会の放送予定について紹介する。

ついにフィギュアスケート世界一を決めるISUグランプリシリーズが開幕を迎える。シリーズ第1戦となるアメリカ大会には、日本から坂本花織、樋口新葉、友野一希、島田高志郎らがエントリー。ほかには世界選手権連覇中のネイサン・チェン(アメリカ)も出場を予定している。

開幕初日は練習日となり、19日から競技開始となる。TV中継は、BSでは19日から、地上波では20日から放送される。

日程

※時刻は日本時間

10月19日

  • 5:00~: 男女ペア・ショートプログラム&男子シングルス・ショートプログラム
  • 11:00~:アイスダンス・ショート&女子シングルス・ショートプログラム

10月20日

  • 5:00~:男女ペア・フリー&男子フリー
  • 10:45~:アイスダンス・フリー&女子シングルス・フリー

10月21日

  • 6:00~:エキシビジョン

放送予定

<地上波>

テレビ朝日

  • 10月20日(日) 4:00~:男女ショート(録画)※テレビ朝日 関東地区
  • 10月20日(日) 13:55〜: 男女フリー(録画)

<BS >

BS朝日

  • 10月19日(土)14:30~:男子ショート(録画)
  • 10月20日(日)16:00~:男子フリー(録画)
  • 10月21日(月)15:00~:女子ショート、女子フリー、エキシビション(録画)

フィギュアスケート・グランプリシリーズ

正式名称はISUグランプリシリーズ。国際スケート連盟(ISU)が承認するフィギュアスケートのシリーズ戦で、前年度の成績などにより出場資格を満たした選手たちが出場する。アメリカ、カナダ、中国、フランス、ロシア、日本で開催される6大会と、6大会の上位選手が出場するグランプリファイナルで構成されている。

  • 第1戦:スケートアメリカ(アメリカ大会)
  • 第2戦:スケートカナダ(カナダ大会)
  • 第3戦:中国杯(中国大会)
  • 第4戦:フランス国際(フランス大会)
  • 第5戦:ロステレコム杯(ロシア杯)(ロシア大会)
  • 第6戦:NHK杯(日本大会)
  • ISUグランプリファイナル:持ち回り制(今シーズンはイタリア・トリノで開催)

出場日本人選手

男子

  • 友野一希
  • 島田高志郎

女子

  • 坂本花織
  • 樋口新葉
  • 山下真瑚

注目選手

友野一希:1998年5月15日生まれ

ジュニア時代の実績は2016年全日本ジュニア選手権優勝、2016年ジュニアグランプリシリーズリュブリャナ杯3位。17-18シーズンよりシニアに転向し、全日本選手権で自己最高位の4位に入った。世界選手権では補欠からの繰り上がり出場で5位入賞を果たした。無類のラーメン好きで自身のInstagramにはラーメンの投稿が多い。

坂本花織:2000年4月9日生まれ

2017年の全日本選手権で2位に入り、翌年の平昌冬季オリンピックの出場権を獲得した。初出場となった平昌オリンピックではシニア1年目にして6位入賞を果たした。2018年全日本選手権では4連覇中の宮原知子、グランプリファイナル覇者・紀平梨花らを抑え初優勝を飾った。2019年8月の国内大会では映画「マトリックス」をテーマにしたFS新プログラムを披露し、劇中でキアヌ・リーブスがみせた“マトリックス避け(バレットタイム)”も構成に組み込み話題になった。ISUグランプリシリーズには17-18シーズンに初参戦。今シーズンは2年連続のグランプリファイナル出場と上位進出を狙う。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!