【10/20(日)】ラグビーW杯準々決勝・日本vs南アフリカなどの放送予定|4強へ"ブライトンの奇跡"再現なるか

自国開催ワールドカップで初の決勝トーナメント進出を決めた日本代表 準々決勝でも快進撃は続くか
自国開催ワールドカップで初の決勝トーナメント進出を決めた日本代表 準々決勝でも快進撃は続くか自国開催ワールドカップで初の決勝トーナメント進出を決めた日本代表 準々決勝でも快進撃は続くか

日本代表の躍進で空前の盛り上がりを見せるラグビーワールドカップ2019日本大会は、10月20日に準々決勝2試合が行われる。日本代表にとっては史上初のW杯・決勝トーナメントとなる南アフリカ戦の放送予定を紹介する。

今回のW杯では優勝候補のアイルランド代表から歴史的金星を得るなど、グループステージ全勝で初の決勝トーナメント出場を決めた日本代表「ブレイブ・ブロッサムズ」。準々決勝の相手はワールドカップ2度の優勝を誇る南アフリカだ。日本代表は前回大会で南アフリカに勝利している。4年前、世界中から「ブライトンの奇跡」と報じられた一戦の再現を狙う。また、同日開催のウェールズvsフランスの放送予定もあわせて伝える。

10月20日 ラグビーワールドカップ準々決勝

  • ウェールズ(D組1位)vsフランス(C組2位):16:15試合開始(大分スポーツ公園総合競技場・大分県)
  • 日本(A組1位)vs南アフリカ(B組2位):19:15試合開始(東京スタジアム・東京都)

準々決勝4:日本vs南アフリカの放送予定

<地上波>

<BS放送>

<ネット配信>

日本代表登録メンバー

  • 稲垣啓太:プロップ(パナソニックワイルドナイツ)186cm 116kg
  • 堀江翔太:フッカー(パナソニックワイルドナイツ)180cm 104kg
  • ヴァルアサエリ愛:プロップ(パナソニックワイルドナイツ)187cm 115kg
  • ヴィンピー・ファンデルヴァルト:ロック(NTTドコモレッドハリケーンズ)188cm 106kg
  • ジェームス・ムーア:ロック(宗像サニックスブルース)195cm 102kg
  • リーチマイケル:バックロー(東芝ブレイブルーパス)190cm 110kg
  • ピーター・ラブスカフニ:バックロー(クボタスピアーズ)189cm 105kg
  • 姫野和樹:バックロー(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)187cm 108kg
  • 流大:スクラムハーフ(サントリーサンゴリアス)166cm 71kg
  • 田村優:フライハーフ(キャノンイーグルス)181cm 87kg
  • レメキロマノヴァ:ウィング(ホンダヒート)177cm 92kg
  • 中村亮土:センター(サントリーサンゴリアス)178cm 92kg
  • ラファエレティモシー:センター(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)186cm 98kg
  • 松島幸太朗:フルバック(サントリーサンゴリアス)178cm 88kg
  • ウィリアム・トゥポウ:センター(コカ・コーラレッドスパークス)188cm 101kg
  • 坂手淳史:フッカー(パナソニックワイルドナイツ)180cm 104kg
  • 中島イシレリ:プロップ(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)186cm 120kg
  • 具智元:プロップ(ホンダヒート)183cm 122kg
  • トンプソンルーク:ロック(近鉄ライナーズ)196cm 110kg
  • ツイヘンドリック:バックロー(サントリーサンゴリアス)189cm 108kg
  • 田中史朗:スクラムハーフ(キャノンイーグルス)166cm 72kg
  • 松田力也:フライハーフ(パナソニックワイルドナイツ)181cm 92kg
  • 山中亮平:フルバック(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)188cm 95kg
  • 福岡堅樹:ウイング(パナソニック ワイルドナイツ)175cm 83kg

日本代表ラグビーワールドカップ 1次リーグ(プール戦)結果

ここまで4トライを獲得し日本代表初のベスト8進出の原動力となっている福岡 トーナメントでもピッチを駆け上がる
ここまで4トライを獲得し日本代表初のベスト8進出の原動力となっている福岡 トーナメントでもピッチを駆け上がるここまで4トライを獲得し日本代表初のベスト8進出の原動力となっている福岡 トーナメントでもピッチを駆け上がる

注目日本人選手

福岡堅樹:ウイング(パナソニック ワイルドナイツ)

アイルランド戦から3戦連続トライを決めている。初戦のロシア戦では負傷でメンバー外だったが、アイルランド戦とサモア戦で途中出場からトライを決めると、13日のスコットランド戦ではスターティングメンバーに名を連ね2トライを奪取。日本代表初のベスト8進出の原動力となった。プール戦を終えて4トライは、松島幸太朗(日本)、ジョシュ・アダムス(ウェールズ)に次ぐ成績となっている。

田村優:フライハーフ(キャノンイーグルス)

1989年1月9日生まれ、愛知県出身。181cm、87kgという小柄な体格から繰り出される得意のキックで日本代表をプール戦突破に導いた。プール戦を終え、48得点と大会最多得点をマークしている。トーナメントでも正確なキックでチームの勝利に貢献できるか。

南アフリカ(B組2位、勝ち点15 [3勝1敗])

世界ランク:5位

愛称:スプリングボクス(Springboks)

スタイル:世界でも指折りの強靭なフィジカルを持ち、狭いエリアでの肉弾戦を得意とする。

過去のワールドカップ成績

  • 1987年―不参加
  • 1991年―不参加
  • 1995年―優勝
  • 1999年―3位
  • 2003年―ベスト8
  • 2007年―優勝
  • 2011年―ベスト8
  • 2015年―3位

もともと強豪国であったが、アパルトヘイトにより国際舞台から追放されたため、1987年と1991年大会は出場していない。W杯初出場となった1995年大会でいきなり優勝を果たすと、2007年大会も制覇。日本代表とは前回大会(2015年)のプール戦で対戦し、その時は日本が34-32と勝利した。

ブライトンの奇跡

「ブライトンの奇跡」とは、2015年9月19日、ラグビーW杯イングランド大会の日本vs南アフリカ戦における、日本の劇的なアップセット(大金星)を指す。当時世界ランキング3位の南ア相手に前半から対等に戦い、同大会で一躍時の人となった五郎丸歩やリーチ・マイケル主将らが奮闘。残り時間3分で同点決着を狙わず、逆転勝ちをかけてのスクラムを経て見事34-32で勝利した。会場地となったブライトンにちなんで「ブライトンの奇跡」と呼ばれる。この勝利は世界を驚かせただけでなく、今大会に至る日本ラグビー界の歴史と意識を変えることになった。

準々決勝3:ウェールズvsフランスの放送予定

準々決勝4:日本vs南アフリカ戦と同日には、準々決勝3となるウェールズvsフランス戦も行われる。日本が南アに勝利した場合、準決勝ではこの試合の勝利チームと戦うことになる。ウェールズは世界2位の優勝候補の一角、フランスは同8位ながら下馬評を覆すダークホースとして各国から警戒されるチームだ。

<地上波>

<BS放送>

<ネット配信>

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!