【10/5(土)】フィギュア・ジャパンオープン 日程&放送予定 |宇野昌磨、紀平梨花ら出場

今大会で日本チームを引っ張っていくことが求められる宇野
今大会で日本チームを引っ張っていくことが求められる宇野今大会で日本チームを引っ張っていくことが求められる宇野

フィギュアスケートの「木下グループカップ・ジャパンオープン2019」が10月5日に開幕する。今大会には宇野昌磨や紀平梨花、アリーナ・ザギトワら注目選手が出場。また、他の大会とは違い、3地域対抗の団体戦で争われる。注目の大会の放送予定を紹介する。

フィギュア・ジャパンオープン2019:大会日程

大会正式名称:木下グループカップ フィギュアスケート Japan Open 2019 3地域対抗戦

会場:埼玉県・さいたまスーパーアリーナ

開催日時:10月5日(土)12:30~

フィギュア・ジャパンオープン2019:放送予定

フィギュアスケートジャパンオープンはテレビ東京系列とBSテレビ東京で録画放送される予定となっている。なお、テレビ東京は当日録画(ディレイ)放送、BSテレビ東京は後日の録画放送となるので注意してほしい。

10月5日(土)

10月22日(火)

フィギュア・ジャパンオープンとは:プロ・アマ混成の団体戦

ジャパンオープンはプロ選手とアマチュア選手が競演する大会として1997年に初開催。ホンダが冠スポンサーを務めた2000年大会までは個人戦が行なわれ、2001年大会を最後に一時中断する。

その後、2006年から木下グループが冠スポンサーになり、団体戦の大会として再開。現在の大会形式になってからの最多優勝は、日本の8回だ。ホスト国の日本以外は、ロシアを中心にした欧州チーム、アメリカ・カナダによる北米チームによる3地域対抗戦になっている。

おそ松さんとのコラボも

今大会はTVアニメ「おそ松さん」がコラボをした商品の販売が決定した。10月5日にさいたまスーパーアリーナグッズ販売所で11:30から発売を開始する予定だ。販売される商品はクリアファイルやランチトートバッグなど。

チケット情報

  • プレミアム席:23,000円
  • SS席:21,000円
  • S席:15,000円
  • S-300席(取り扱いはチケットぴあのみ):13,000円
  • A席:9,000円
  • B席:7,000円

※チケットは1人様1名につき、1枚必要(全席指定)

※1人につき、1席種4枚までの購入制限有り

※3歳未満の方は入場不可。3歳以上の方は入場券が必要

※車いす席を希望の方はキョードー東京へお問い合わせください

チケットぴあ

  • ネット販売
  • 電話予約:0570-02-9999

イープラス

  • ネット販売

ローソンチケット

  • ネット販売
  • 電話予約:0570-084-003

CNプレイガイド

  • 電話予約:0570-08-9999

LINE TICKET

  • ネット販売

キョードー東京

  • ネット販売
  • 電話予約:0570-550-799(平日:11:00~18:00、土日祝日:10:00~18:00)

詳細はこちら

日本チームのメンバー

男子

  • 宇野昌磨
  • 島田高志郎

女子

  • 紀平梨花
  • 宮原知子

北米チームのメンバー

男子

  • ネイサン・チェン
  • ビンセント・ジョウ

女子

  • ブレイディ・テネル
  • 長洲未来
北米チームで主軸を担うネイサン・チェン
北米チームで主軸を担うネイサン・チェン北米チームで主軸を担うネイサン・チェン

欧州チームのメンバー

男子

  • デニス・ヴァシリエフス
  • ハビエル・フェルナンデス

女子

  • アリーナ・ザギトワ
  • アレクサンドラ・トゥルソワ

注目選手

宇野昌磨

1997年12月17日生まれ、愛知県出身。2015年から16年にかけてグランプリファイナル3位、全日本選手権2位と好成績を残す。その後、2017年の世界選手権に加えて平昌オリンピックでも銀メダルを獲得した。今後の日本フィギュアスケート界をリードする選手として活躍が期待される。

紀平梨花

2002年7月21日生まれ、兵庫県出身。NHK杯2018で表彰台の頂点に立つと、その勢いのまま全日本フィギュアスケート選手権大会でも2位になる。2019年には四大大陸フィギュアスケート選手権大会で金メダルを獲得し、着実に実力をつけている。4回転ジャンプを目標に、さらなるレベルアップを目指す。

ネイサン・チェン

1999年5月5日生まれ、アメリカ出身。これまで、世界選手権2連覇、グランプリファイナル2連覇、全米選手権3連覇を達成してきたアスリート。平昌オリンピックでは史上初となる6本の4回転ジャンプを成功させた。好調を維持した状態で今大会に臨む。

アリーナ・ザギトワ

2002年5月18日生まれ、ロシア出身。15歳で出場した平昌オリンピックではショートプログラムでメドベージェワが叩き出した歴代最高得点を更新する82.92点を記録した。続くフリーでも156.65点を残し、金メダルを獲得した。15歳と9ヶ月での優勝は、タラ・リピンスキー、ユリア・リプニツカヤ以来史上3番目の若さだった。

アレクサンドラ・トゥルソワ

2004年6月23日生まれ、ロシア出身。2018年の世界ジュニア選手権において4回転トゥループと4回転サルコウを成功させた。女子で4回転サルコウを決めたのは、安藤美姫に続いて2人目。4回転トゥループを成功させたのは史上初であり、加えて1つのプログラムの中で複数回の4回転ジャンプを成し遂げた初めての女子選手だ。

ゲストとして織田信成らも出演

競技が一通り終了した後にゲストによるエキシビジョンが実施される予定だ。現在、参加することが決定しているゲストはトリノオリンピック銀メダリスト、ステファン・ランビエル。2006年四大大陸選手権覇者・織田信成と、ソチ五輪で金メダルを獲得したメリル・デービス&チャーリー・ホワイトのペアが登場する。順位を競う戦いだけでなく、氷上で繰り広げられるメダリストたちの華麗な演技にも注目だ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!