テニス

【10/5(土)】女子テニス・チャイナOP第8日目 放送予定|好調の大坂なおみが決勝進出に挑む

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

9月27日に開幕したWTAツアー「チャイナオープン」8日目が10月5日(土)に行なわれる。この日は「東レ・パンパシフィック・オープン」を制し、本大会準々決勝でも今年の全米女王ビアンカ・アンドレースクを下した大坂なおみが準決勝を戦う。ここでは大会8日目の放送予定と、大坂の対戦相手キャロライン・ウォズニアッキについて紹介する。

アンドレースクとの全米女王対決を制した大坂なおみは、準決勝で元世界女王ウォズニアッキと対戦

チャイナオープン2019 第8日目の放送予定

中国オープンは、インターネットスポーツ動画チャンネル「DAZN」と、WTA公式サイトの「WTA TV」でライブ配信される(日本時間)。DAZNには試合開始10分前にプッシュ通知をする機能が存在。これを使用すれば、注目の試合を見逃すことなく、楽しめるようになる。

■準決勝:大坂なおみ(日本) vs. キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)

DAZN

  • 第8日 10月5日:ナショナル・テニス・スタジアムの第3試合に実施(日本時間20:30予定)

WTA TV

大坂なおみの準決勝の対戦相手、キャロライン・ウォズニアッキとは

ビアンカ・アンドレースク(世界ランク6位、カナダ)との新旧全米女王対決となった準々決勝で、1本目を取られながらも、冷静に2本目3本目を奪い、逆転勝利を飾った大坂なおみ。次なる準決勝の相手はデンマークの元世界女王キャロライン・ウォズニアッキだ。

現在世界ランクは19位だが、2010年にデンマーク人初の世界1位に君臨。通算ツアー30勝、プロキャリア14年のベテランで昨年の全豪OPではキャリア初のグランドスラム優勝を遂げるなど、その実力をキープしてきた。2008年北京五輪と2012年ロンドン五輪、2016年リオデジャネイロ五輪の3大会に出場した。

大坂とは過去に2度対戦しており、いずれもウォズニアッキがストレート勝ち。昨年のチャイナ・オープンを制していることもあり、ディフェンディングチャンピオンとしても負けられない立場だ。

大坂としては、前年度覇者ウォズニアッキを倒せば現世界1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)との直接対決の可能性がある。世界1位復帰のためにもここで勝っておきたいところだろう。

チャイナ・オープン2019の大坂なおみ

1回戦

9月29日の1回戦で世界ランク76位のジェシカ・ペグラ(アメリカ)と対戦した。第4シードの大坂は6-3、7-6(5)のストレート、1時間31分でペグラを下した。

大坂なおみが初戦を突破 女子テニスのチャイナ・オープン第2日

2回戦

10月1日に行なわれた2回戦で世界ランク85位のアンドレア・ペトコビッチと対戦した。大坂は6-2、6-0とペトコビッチを圧倒し、59分でストレート勝ち。3回戦に進んだ。

大坂なおみが2回戦で勝利 女子テニスのチャイナ・オープン第4日

3回戦

10月3日に開催された3回戦で世界ランク24位のアリソン・リスクと対戦した。大坂は6-4、6-0と相手に隙を与えず、1時間13分でストレート勝ち。準々決勝に駒を進めた。

大坂なおみがベスト8進出 女子テニスのチャイナ・オープン第6日

準々決勝

10月4日に開催された準々決勝で世界ランク6位のビアンカ・アンドレースクと対戦。新旧全米女王対決を5-7、6-3、6-4で逆転勝利し、2時間14分の激闘を制し、準決勝に進出した。

大坂なおみがベスト4進出 女子テニスのチャイナ・オープン第7日