【10/8開幕】卓球ドイツOP日程&放送予定を紹介!|張本智和、石川佳純ら出場

11月の最新ランキングで日本人女子最上位の7位に立つ伊藤美誠
11月の最新ランキングで日本人女子最上位の7位に立つ伊藤美誠11月の最新ランキングで日本人女子最上位の7位に立つ伊藤美誠

卓球の国際オープン大会「ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン」がドイツ・ブレーメンで10月8日から10月13日に開催される。今大会はワールドツアーの中でも獲得ポイントが大きく、2020年1月時点の世界ランキングが基準となる東京オリンピック(TOKYO2020)代表選考において重要な大会となる。

ここでは張本智和、伊藤美誠ら日本の主力勢も参戦する「ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン」の日程と放送予定について紹介する。

最新ニュース

(随時更新予定)

ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープンの大会概要

国際卓球連盟(ITTF)が主催し、世界各地で開催される卓球の国際大会ツアー(ITTFワールドツアー)のひとつ。ITTFワールドツアーの中で獲得ポイントが最も高いプラチナイベントに位置付けられ、今大会での成績が世界ランキングに少なからず影響を与える。

日本からは先週のスウェーデン・オープンで惜しくも準優勝だった伊藤美誠が出場予定。ほかにも昨年大会の覇者・石川佳純、平野美宇など東京オリンピック代表の有力候補がエントリーしている。男子も張本智和や水谷隼らトップ選手が参戦する。

ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープンは東京オリンピック代表選考にかかわる重要な大会となる
ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープンは東京オリンピック代表選考にかかわる重要な大会となるITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープンは東京オリンピック代表選考にかかわる重要な大会となる

ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン日程

  • 10月8日(火)17:00~:予選1日目
  • 10月9日(水)17:00~:予選2日目
  • 10月10日(木)17:00~:本戦1日目
  • 10月11日(金)17:00~:本戦2日目
  • 10月12日(土)17:00~:本戦3日目
  • 10月13日(日)17:00~:本戦最終日

ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン放送予定

大会本戦の模様は全日程、YouTubeの「テレビ東京・卓球チャンネル」でライブ配信される(無料)。また、大会最終日となる10月13日には「BSテレ東」で生中継でTV放送が実施される予定。国際卓球連盟(ITTF)公式サイトである「ITTF TV」、またオーストリアのスポーツニュースサイトが運営するストリーミングサービス「Laola1.tv」でもライブ配信される。以下はすべて日本時間となる。

10月8日(火):予選1日目

<ネット>

10月9日(水):予選2日目

<ネット>

10月10日(木):本戦1日目

<ネット>

10月11日(金):本戦2日目

<ネット>

10月12日(土):本戦3日目

<ネット>

10月13日(日):本戦最終日

<BS>

<ネット>

出場日本人選手

※順位は2019年10月付け世界ランキング

男子

  • 張本智和(木下グループ)5位
  • 水谷隼(木下グループ)13位
  • 丹羽孝希(スヴェンソン)11位
  • 吉村真晴(名古屋ダイハツ)53位
  • 宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)74位
  • 神巧也(T.T.彩たま)79位
  • 及川瑞基(専修大学)99位
  • 平野友樹(協和キリン)113位
  • 田中佑汰(愛知工業大学)124位
  • 戸上隼輔(野田学園高)145位
  • 曽根翔(愛工大名電高)251位
  • 篠塚大登(愛工大名電高)542位
  • 松島輝空(木下グループ)740位

女子

  • 伊藤美誠(スターツ)7位
  • 石川佳純(全農)8位
  • 平野美宇(日本生命)9位
  • 佐藤瞳(ミキハウス)19位
  • 加藤美優(日本ペイントホールディングス)24位
  • 芝田沙季(ミキハウス)29位
  • 長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)50位
  • 木原美悠(JOCエリートアカデミー)52位
  • 大藤沙月(ミキハウスJSC)88位
  • 相馬夢乃(遊学館高校)108位
  • 小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)114位

オリンピック出場関連情報

卓球の東京五輪日本代表権については以下となる。

  • 2020年1月時点での世界ランキングで日本人男女各上位2人がシングルスの日本代表選手に選出
  • 3人目はダブルス代表となり、同ランキングだけでなくシングルス出場選手との相性なども加味して選出
  • 世界ランキングポイントは獲得から1年間のみ有効となり、2020年1月の締め日までに2018年度分のポイントはすべて消失する

そのため、ITTFワールドツアーの中でも獲得ポイントが多い今大会での上積みは、東京五輪日本代表選考において重要となる。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!