【12/19開幕】女子フィギュア・全日本選手権大会 日程&放送予定|紀平梨花、宮原知子らが出場

「第88回全日本フィギュアスケート選手権大会」が12月19日から東京・国立代々木競技場で開催される。グランプリファイナル4位の紀平梨花や本大会を4連覇した経験のある宮原知子らが優勝をかけて争う。ここでは、全日本選手権女子部門の日程と放送予定について紹介する。

全日本選手権初優勝を狙う紀平梨花
全日本選手権初優勝を狙う紀平梨花全日本選手権初優勝を狙う紀平梨花

全日本フィギュアスケート選手権大会2019・女子シングル:日程

12月19日(木)

  • 17:00~:女子シングル(ショートプログラム)

12月21日(土)

  • 17:00~:女子シングル(フリースケーティング)

全日本フィギュアスケート選手権大会2019・女子シングル:放送予定

12月19日(木)

<地上波>

フジテレビ

  • 19:00~21:48:女子シングル(ショートプログラム/LIVE)

<CS放送>

フジテレビONE

  • 17:00~19:00:女子シングル(ショートプログラム/LIVE)

<ネット配信>

フジスケLIVE配信

  • 女子シングル演技後のキス&クライ/全選手インタビュー(LIVE)
  • 6分間練習(LIVE)
  • ウォームアップエリア(360度カメラ配信/LIVE)

フジテレビ公式Instagram

  • 21:55~:女子フリースケーティング滑走順抽選(LIVE)

12月21日(土)

<地上波>

フジテレビ

  • 19:00~21:15:女子シングル(フリースケーティング/LIVE)

<BS放送>

BSフジテレビ

  • 17:00~19:00:女子シングル(フリースケーティング/LIVE)

<CS放送>

フジテレビONE

  • 17:00~19:00:女子シングル(フリースケーティング/LIVE)

<ネット配信>

フジスケLIVE配信

  • 女子シングル演技後のキス&クライ/全選手インタビュー(LIVE)
  • 6分間練習(LIVE)
  • ウォームアップエリア(360度カメラ配信/LIVE)

12月22日(日)

<ネット配信>

フジテレビ公式Instagram

  • 22:00~:4大陸選手権&世界選手権代表選手発表(LIVE)

全日本フィギュアスケート選手権大会2019・女子シングル:滑走順

女子シングル・ショートプログラム

  1. 竹野仁奈
  2. 山下真瑚
  3. 三宅咲綺
  4. 磯邉ひな乃
  5. 千葉百音
  6. 河辺愛菜
  7. 大矢里佳
  8. 吉田陽菜
  9. 大庭雅
  10. 井上千尋
  11. 吉岡詩果
  12. 松田悠良
  13. 竹野比奈
  14. 津内胡菜
  15. 松原星
  16. 川畑和愛
  17. 浦松千聖
  18. 紀平梨花
  19. 山田さくら
  20. 永井優香
  21. 佐藤伊吹
  22. 坂本花織
  23. 樋口新葉
  24. 廣谷帆香
  25. 宮原知子
  26. 新田谷凜
  27. 本田真凜
  28. 笠掛梨乃
  29. 横井ゆは菜

女子シングル・フリースケーティング

  1. 山田さくら:SP50.99
  2. 磯邉ひな乃:SP51.45
  3. 佐藤伊吹:SP50.35
  4. 津内胡菜:SP50.83
  5. 吉田陽菜:SP50.96
  6. 松原星:SP50.43
  7. 千葉百音:SP52.76
  8. 河辺愛菜:SP56.52
  9. 三宅咲綺:SP54.26
  10. 廣谷帆香:SP54.68
  11. 松田悠良:SP52.34
  12. 浦松千聖:SP59.16
  13. 竹野比奈:SP59.52
  14. 新田谷凜:SP62.27
  15. 吉岡詩果:SP60.89
  16. 川畑和愛:SP65.53
  17. 横井ゆは菜:SP62.90
  18. 永井優香:SP64.78
  19. 山下真瑚:SP66.64
  20. 樋口新葉:SP68.10
  21. 本田真凜:SP65.92
  22. 宮原知子:SP70.11
  23. 坂本花織:SP69.95
  24. 紀平梨花:SP73.98

※氏名の右の数字はショートプログラム(SP)での得点

全日本フィギュアスケート選手権大会とは?

日本スケート連盟(JSF)が主催するフィギュアスケートの日本一を決める大会である。前年の同大会で好成績を残した選手を除いたメンバーで予選が行われ、各グループの上位選手が本戦に出場する。なお、予選には東北・北海道、関東、東京、中部、近畿、中四国・九州ブロックに分けられる1次予選と東日本ブロック、西日本ブロックの2次予選が存在する。

前回大会の女子シングルでは坂本花織が1位、紀平梨花が2位、宮原知子が3位だった。

注目選手

紀平梨花

2002年7月21日生まれ、兵庫県出身。昨季からシニアに参戦するといきなりグランプリファイナルに進出した。グランプリファイナルでは平昌オリンピック金メダリストのアリーナ・ザギトワをおさえて優勝し、日本人では浅田真央以来となるシニア1年目でのファイナル覇者となった。今シーズンはグランプリシリーズ第2戦カナダ大会、第6戦NHK杯に出場し、いずれもロシア勢に次ぐ2位。迎えたグランプリファイナルでも、ロシア人選手の後塵を拝して4位になり連覇はならなかった。今回参加する全日本選手権で日本一を目指す。

宮原知子

1998年3月26日生まれ、京都府出身。昨年出場した平昌オリンピックで222.38点を記録し、初出場ながら4位入賞をした。今季エントリーしたグランプリシリーズでは第4戦中国大会で銀メダルを獲得し好発進。しかし、続く第5戦ロシア大会で4位となり、日本女子史上初となる5年連続のグランプリファイナル進出とはならなかった。全日本選手権は過去4度優勝、2回の銅メダル獲得と相性が良く、今大会も表彰台に登ることが期待されている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!