1995年度生まれのアスリートら、緊急事態宣言解除後も感染予防を呼び掛け

文: 渡辺文重 ·

5月25日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が全都道府県で解除された。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は完全に終息しておらず、アスリートたちも引き続きの感染予防を呼び掛けるなど、さまざまな活動を行っている。

95年アスリートの1人、寺本明日香(体操)

体操の寺本明日香は、自身のTwitter(ツイッター)アカウントに「95年アスリート」で作った動画を投稿。「全国的に徐々に元の生活に戻りつつあるかと思います。まだこれから元の生活に戻しつつの感染予防など大変な時期になるかと思いますが、私たちと共に乗り越えて頑張って行きましょう! 」と呼び掛けた。参加した1995年度生まれのアスリートは以下の通り。

  • 桐生祥秀(陸上)
  • 寺本 明日香(体操)
  • 小野寺 太志(バレーボール)
  • 大橋悠依(競泳)
  • 樋口 黎(レスリング)
  • 馬瓜エブリン(バスケットボール)
  • 森薗政崇(卓球)
  • 永原 和可那(バドミントン)
  • 足立聖弥(水球)
  • 山中美緒(ラグビー)
  • 藤田 隆之介(トランポリン)
  • 杉本 早裕吏(新体操)
  • 小池祐貴(陸上)
  • 五十嵐 千尋(競泳)
  • 大竹壱青(バレーボール)
  • 大庭 雅(フィギュアスケート)
  • 文田 健一郎(レスリング)
  • 小出深冬(ラグビー)
  • 川口太一(バレーボール)
  • 土井杏南(陸上)
  • 坂井聖人(競泳)
  • 宇山芽紅(トランポリン)

またフェンシング・エペの見延和靖は26日にInstagram(インスタグラム)を更新。「皆さん、緊急事態宣言が全国で解除されましたが、今しばらくは、人との距離“ソーシャルディスタンシング”2m保つ事をお忘れなく!僕のリーチが約2mという事もお忘れなく!」と呼び掛けた。見延は身長177センチながら、両手を広げた幅(腕の長さ)は197センチとなっている。