【2/6開幕】ISU四大陸フィギュアスケート選手権 日程・放送予定|羽生結弦、紀平梨花ら出場

四大陸選手権出場の羽生結弦(左)と紀平梨花(右)
四大陸選手権出場の羽生結弦(左)と紀平梨花(右)四大陸選手権出場の羽生結弦(左)と紀平梨花(右)

ISU四大陸フィギュアスケート選手権が2月6日(木)に韓国・ソウルで開幕。日本からはソチ・平昌五輪金メダリスト・羽生結弦、前回大会覇者・紀平梨花のほか、1月のユース五輪金メダリスト・鍵山優真、全日本選手権3位の川畑和愛らが出場する同大会の日程、放送予定について紹介する。

結果&ニュース

※随時更新

日程

2月6日(木)

  • 11:00~13:27:アイスダンス・リズムダンス
  • 14:15~16:07:ペア・ショートプログラム
  • 17:45~:開会式
  • 18:40~21:55:女子シングル・ショートプログラム

2月7日(金)

  • 13:30~16:17:アイスダンス・フリーダンス
  • 18:05~21:55:男子シングル・ショートプログラム

2月8日(土)

  • 13:00~16:50:女子シングル・フリースケーティング
  • 18:15~20:27:ペア・フリースケーティング

2月9日(日)

  • 11:30~15:25:男子シングル・フリースケーティング
  • 17:30~20:00:エキシビジョン

放送予定

<地上波>

フジテレビ

  • 2月6日(木)19:57~:女子シングル・ショートプログラム(LIVE)
  • 2月7日(金)20:00~:男子シングル・ショートプログラム(LIVE)
  • 2月8日(土)19:00~:女子シングル・フリースケーティング
  • 2月9日(日)20:00~:男子シングル・フリースケーティング

<ネット>

FOD[無料]

  • 2月6日(木)17:45~19:57:女子シングル・ショートプログラム(LIVE)
  • 2月7日(金)18:05~20:00:男子シングル・ショートプログラム(LIVE)
  • 2月8日(土)13:00~14:53:女子シングル・フリースケーティング(LIVE)
  • 2月9日(日)11:30~13:19:男子シングル・フリースケーティング(LIVE)

FODプレミアム

  • 各種目をライブ配信

ISU公式YouTube

  • 日本国内では視聴不可

出場日本人選手

【男子シングル】

  • 羽生結弦
  • 鍵山優真
  • 友野一希

【女子シングル】

  • 紀平梨花
  • 樋口新葉
  • 坂本花織

【ペア】

  • 三浦璃来&木原龍一

【アイスダンス】

  • 小松原美里&ティム・コレト
  • 深瀬理香子&張睿中
樋口新葉は2019年全日本選手権で復活の銀メダル 国際タイトル獲得を狙う
樋口新葉は2019年全日本選手権で復活の銀メダル 国際タイトル獲得を狙う樋口新葉は2019年全日本選手権で復活の銀メダル 国際タイトル獲得を狙う

羽生結弦:1994年12月7日生まれ

ソチ、平昌でオリンピックを連覇している男子フィギュアスケートの絶対王者。今シーズンはグランプリ(GP)シリーズの始動戦、第2戦・スケートカナダを勝利で飾ると、第6戦・NHK杯でも300点超えの圧巻のパフォーマンスで2勝目を挙げた。四大陸選手権には3年ぶりの出場となる。今大会は、GPファイナル優勝のネイサン・チェンと全日本選手権王者・宇野昌磨が不在。オリンピック金メダリストの貫録を示したい。

鍵山優真:2003年5月5日生まれ

2019年11月の全日本ジュニア選手権で優勝すると、12月の全日本選手権では、国際スケート連盟非公認ながらジュニア世界最高得点を上回る257.99点をマーク。ジュニア選手ながら宇野昌磨、羽生結弦に次ぐ3位に入った。2020年1月のローザンヌユースオリンピックでは金メダルを獲得した。次世代を担う選手として注目される。

友野一希:1998年5月15日生まれ

2018年選手権5位の実績を持つ。2019年12月の全日本選手権フリーでは、自己ベストを上回る171.63点を獲得し6位となった。当初は宇野昌磨が代表に選出されていたが、宇野が出場辞退したため、友野に2年連続となる四大陸選手権の出場機会が巡ってきた。

紀平梨花:2002年7月21日生まれ

昨シーズンからシニアに参戦すると、いきなりGPファイナルに進出。GPファイナルでも平昌オリンピック金メダリストのアリーナ・ザギトワを抑えて優勝した。日本人では浅田真央以来となるシニア1年目でのファイナル覇者となる。今シーズンはGPシリーズ第2戦スケートカナダ、第5戦NHK杯でともに2位。GPファイナルでは4位だった。12月の全日本選手権フリーでは、国内参考記録ながら自己ベストの155.22点をマークし、初優勝を収めた。優勝後は、同大会で回避した4回転ジャンプへの意欲も語っており、高難度ジャンプを成功させての四大陸選手権連覇を目指す。

樋口新葉:2001年1月2日生まれ

全日本選手権3度の準優勝のほか、2018年3月の世界選手権で銀メダル獲得など国際舞台での実績も持つ。2018-19シーズンからは故障により思うように結果を残せなかった。昨年12月の全日本選手権ではショートプログラム4位発進だったが、フリーでは3回転フリップで着氷が乱れた以外はほぼノーミスの演技で138.51点、総合206.61点で3年ぶりの表彰台となる2位。四大陸選手権、世界選手権代表の座をつかんだ。トリプルアクセルを武器に表彰台を狙う。

坂本花織:2000年4月9日生まれ

2017年の全日本選手権で2位に入り、翌年の平昌冬季オリンピックの出場権を獲得。初出場となった平昌オリンピックではシニア1年目にして6位に入賞した。2018年全日本選手権では4連覇中の宮原知子、GPファイナル覇者・紀平梨花らを抑え初優勝。2019年全日本選手権では、シニア転向後ワーストの6位で、連覇と3年連続の表彰台を逃した。今シーズンはGPファイナルの出場を逃すなど精彩を欠いており、2018年四大陸選手権で優勝している今大会で好感触を取り戻したい。

ユース冬季五輪で金メダルを獲得した16歳の鍵山優真
ユース冬季五輪で金メダルを獲得した16歳の鍵山優真ユース冬季五輪で金メダルを獲得した16歳の鍵山優真

四大陸選手権について

国際スケート連盟(ISU)が主催する国際大会で、ヨーロッパを除くアフリカ、アジア、アメリカ、オセアニアの4地域の選手が出場する。1998−99年シーズンに第1回が開催され、以降、毎年1月か2月に各国持ち回りで実施されている。韓国・ソウル(アジア)で行われる。

日本勢にとっては相性の良い大会である。特に女子シングルでは、現在4年連続で日本人選手が優勝しているなど、延べ13人が優勝している。

■直近5年の男子シングル優勝者

  • 2015年:デニス・デン(カザフスタン)
  • 2016年:パトリック・チャン(カナダ)
  • 2017年:ネイサン・チェン(アメリカ)
  • 2018年:ジン・ボーヤン(中国)
  • 2019年:宇野昌磨(日本)

■直近5年の女子シングル優勝者

  • 2015年:ポリーナ・エドモンズ(アメリカ)
  • 2016年:宮原知子(日本)
  • 2017年:三原舞依(日本)
  • 2018年:坂本花織(日本)
  • 2019年:紀平梨花(日本)

大会公式HP

大会プレビュー:3年ぶり出場の羽生結弦は気合十分。前回覇者の紀平梨花は高難度ジャンプ成功をめざす

羽生結弦が平昌五輪のプログラムで四大陸フィギュアに臨む|映像で平昌五輪の演技を振り返る

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!