パラリンピック

2020年東京パラリンピック開幕まで、あと500日!

2020東京パラリンピックまで、あと500日となった。

東京2020パラリンピック競技大会の開幕まで、あと500日となった。来年の8月25日(火)に開幕するパラリンピックは、16回目を迎える。東京で開催されるのは1964年の第2回大会以来56年ぶりとなる。

1964年当時は9つだった実施競技も、2020年は22競技になる。当時の参加選手は22カ国から600人未満だったが、前回のリオパラリンピックでは159カ国から4,300人超が参加するなど、大会の規模が拡大していることが伺える。

1964年東京パラリンピックには22の国と地域が参加した。

日本選手団は、前回のリオ大会で24個のメダルを獲得したが、夏季パラリンピック史上初めて金メダルなしに終わった。最も多くのメダルを獲得したのは、2004年アテネ大会の53個で、金メダルの数は1988年のソウル大会に並ぶ最多タイの17個に上った。

きょうから500日間、前回大会の雪辱を果たすべく、パラリンピアンたちの鍛錬が続く。

競泳の木村敬一は、リオ五輪で日本人最多となる4つのメダルを獲得した。