2020年東京五輪観戦チケット抽選販売が決定、5月9日から公式販売サイトで申し込み開始へ

観戦チケットは一度で売りきらず段階的に販売予定
北島康介氏が観戦チケット申し込みの日程発表に同席した/写真:時事
北島康介氏が観戦チケット申し込みの日程発表に同席した/写真:時事北島康介氏が観戦チケット申し込みの日程発表に同席した/写真:時事

2020年東京オリンピック組織委員会は、4月18日、東京五輪各観戦チケットの抽選販売の申し込み受け付けを5月9日午前10時から公式販売サイトで開始することを発表した。アテネ五輪、北京五輪での金メダリスト、北島康介氏が同席した。

5月28日に申請を締め切り、6月20日に抽選結果の通知が行われる。当選者は7月2日までに購入手続きを行う。なお、抽選販売の申し込みには、事前に「TOKYO 2020 ID」のID登録が必要となる。

チケット購入枚数にはいくつかの制限があり、ひとつのIDに対して、開閉会式は2枚、メダルがかかる試合は4枚、その他は6枚になる。最大申込数は第1希望30枚、第2希望30枚の計60枚。最大当選枚数は30枚で、期間内であればどの時点で申し込んでも当選確率は変化ないという。座席種は最大5種類で、もっとも高額な席は、開会式A席で30万円となっている。

試合チケットでは、陸上男子100メートル決勝などが13万円に設定されているものの、半分以上の価格帯は8千円以下。サッカーや柔道、新体操など人気五輪競技の決勝でも、3~6万円で購入できる。

また、幅広い世代に観て欲しいとして、12歳以下、60歳以上、さらに障害者を含む家族やグループ(最大8人)向けに、1枚2,020円の「東京2020みんなで応援チケット」も用意される。

東京五輪チケットの全体的な販売は、段階的に販売していく予定で、今回の抽選販売後、今秋から冬にかけて先着順販売、来春には東京都内の販売所で発売するという。海外在住者向けのチケットは、組織委が指定する各国の業者が販売することになる。

チケット高額転売対策の一貫として、諸事情でチケットが不要になった人が公式サイト上で定価で転売できる仕組みを準備することも発表された。

  • 2020年東京オリンピックで追加実施される新競技と新種目!

    2020年東京オリンピックで追加実施される新競技と新種目!

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!