2020年東京五輪・パラリンピックの運営スタッフ、ボランティア用ユニフォームが公開

左が大会運営スタッフのフィールドキャストユニフォーム、右が都市ボランティアのシティキャストユニフォーム
左が大会運営スタッフのフィールドキャストユニフォーム、右が都市ボランティアのシティキャストユニフォーム左が大会運営スタッフのフィールドキャストユニフォーム、右が都市ボランティアのシティキャストユニフォーム

Tokyo 2020(東京オリンピック・パラリンピック)組織委員会は、7月19日、同大会の運営に携わるフィールドキャスト(大会スタッフ)およびシティキャスト(都市ボランティア)のユニフォームを発表した。

発表されたユニフォームは、フィールドキャストとシティキャストあわせて11万人以上のスタッフが着用し、日本独特の気候において、様々な年代、性別、国籍のスタッフが快適に活動ができるようにデザインされているという。

大会の運営に関わるフィールドキャスト向けのユニフォームは、清潔感のある大会カラーの「藍」をベースとし、紺から白に至るグラデーション地のなかに大会エンブレムをなじませた、爽やかなデザインとなった。

街なかで国内や各国からの観戦者をガイドするシティキャストは、都市のなかでも目立つ、濃紺と白の明確なコントラストの色合いとなり、識別性の高いデザインを採用。

大会の一体感を演出するため、いずれも「藍」のイメージを強く意識したデザインとなったが、とくに「暑さ対策・持続可能性・多様性」を重視して開発されたという。

19日には、都内で発表会が行われ、ユニフォーム選考委員を務めた香取慎吾さんらがユニフォームを披露した。

スタッフ用のハット、バッグ、ソックス、シューズなども公開された
スタッフ用のハット、バッグ、ソックス、シューズなども公開されたスタッフ用のハット、バッグ、ソックス、シューズなども公開された

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!