【3X3バスケットボール】日本選手権2日目・結果|男子のTEAM TUKUBA、女子のREXAKTが優勝!

3X3は、ゴール前のスピード感が魅力のひとつ(写真は2018年の3X3 プロハッスル)
3X3は、ゴール前のスピード感が魅力のひとつ(写真は2018年の3X3 プロハッスル)3X3は、ゴール前のスピード感が魅力のひとつ(写真は2018年の3X3 プロハッスル)

2月23日、東京都品川区の大森ベルポートで、『3×3 日本選手権大会』が開幕した。この日は、男女ともに準決勝と決勝が行われた。男子はTEAM TSUKUBA (茨城県)が、女子はREXAKT (山梨県)が優勝した。

男子の準決勝では、TEAM TSUKUBAがSENDAI AIRJOKER(宮城)を22-17で破って決勝進出。紅谷工務店(奈良県)を20-13で破ったDIME BLACK (長崎県)と決勝を戦った。決勝では、TEAM TSUKUBAがDIME BLACKを21-15で破り、優勝した。MVPには、TEAM TSUKUBAの大友隆太郎が選出された。

男子の優勝チームTEAM TSUKUBAには、『2020 FIBAワールドツアーマスターズ アジア・オセアニア大陸予選大会』への出場権が与えられる予定だ。

女子の準決勝では、REXAKTがQUEEN BEE (千葉県)に21-13で勝利し、決勝へ。決勝では、湘南サンズ (茨城県)を15-13に僅差で競り勝ったSIMON (神奈川県)と優勝を争った。試合は、REXAKTがSIMONに20-11と点差を付けての優勝を果たした。MVPには、REXAKTの矢野良子が選ばれた。

【東京五輪競技にもなった”3X3”の読み方は?】*3人制バスケットボールの正式呼称・表記が「スリー・エックス・スリー」に変更*

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!