【7人制ラグビー】セブンズシリーズ・ドバイ大会が開幕|サクラセブンズは、大敗スタート

サクラセブンズは、厳しいスタート(写真はセブンズシリーズ・北九州大会)
サクラセブンズは、厳しいスタート(写真はセブンズシリーズ・北九州大会)サクラセブンズは、厳しいスタート(写真はセブンズシリーズ・北九州大会)

現地時間の12月5日、アラブ首長国連邦のドバイで7人制ラグビーの「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ・ドバイ大会」が開幕した。「さくらセブンズ」女子日本代表は、0-48の完封負けで開幕戦を終えた。

昨シーズンチャンピオンのニュージーランドを相手に、前半を0-29と一方的に点差を付けられると、後半も反撃するスキを見つけることは出来なかった。プールCで同組のもう一方の試合、フランス代表対イングランド代表は、29-0でフランス代表が勝利した。

翌日の12月6日は、フランス代表との第2戦、そしてイングランド代表との第3戦が行われる。12月7には、順位決定戦が行われる。グループAからCまでの各グループ上位2チームと、3位の成績上位2チームが準々決勝に進む。

サクラセブンズ、選手一覧はコチラ:【7人制ラグビー】7Sドバイ:サクラセブンズ遠征メンバーを発表…SDSもドバイ遠征へ

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!