ラグビーフットボール

【7人制ラグビー】男子セブンズシリーズ・ドバイ大会最終日|日本代表はウェールズ代表に敗れ最下位に

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
ウェールズ代表に敗れ、最下位になった日本代表(写真はセブンズシリーズ・フィジー戦)

現地時間12月7日、HSBCワールドラグビー男子セブンズシリーズ・ドバイ大会(アラブ首長国連邦)が最終日を迎えた。15位決定戦でウェールズ代表と対戦した日本代表「セブンズ・ジャパン」は12-38で敗れ、最下位になった。

女子代表同様にプールA組3戦全敗の結果、15位決定戦に回った日本男子代表の相手は昨シーズン14位のウェールズとなった。前半は山内俊輝(リコーブラックラムズ)や彦坂匡克(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)らのトライで得点を挙げ、12-14と競った展開で折り返したものの、後半に24点を取られ、合計12-38で敗戦。今大会最下位に屈した。

男子の優勝は南アフリカ。ニュージーランド代表との決勝戦を15-0で完勝し、今シーズン初優勝を射止めた。

7人制ラグビー、東京五輪で躍進できるか?|【東京オリンピック出場枠争い】ラグビー(7人制):開催国枠で出場決定の日本男子「セブンズジャパン」は念願の表彰台入りを狙う