【7月23日】東京五輪開会1年前プログラム「⼀年後へ。⼀歩進む。〜 +1メッセージ〜 TOKYO2020」開催

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響により、1年延期となったTokyo2020(東京五輪)。 その開会1年前となる7月23日、「⼀年後へ。⼀歩進む。〜 +1メッセージ〜 TOKYO2020」が開催される。同プログラムでは、1年後の開催に向けたメッセージ動画を国立競技場から世界に向けて発信する。

延期された東京オリンピックの1年前となる7月23日に国立競技場からメッセージ

東京2020組織委員会は7月23日、2021年に延期となった東京オリンピックの開会1年前プログラム「⼀年後へ。⼀歩進む。〜 +1メッセージ〜 TOKYO2020」を、オリンピックスタジアム(国立競技場)で実施する。同プログラムでは、東京オリンピック開会式の開始時刻である20時に合わせ、大会を目指すアスリートへのエール、大会を支える人々への感謝・敬意を込めた動画をオリンピックスタジアム(国立競技場)から世界に向けて発信する。

「⼀年後へ。⼀歩進む。〜 +1メッセージ〜 TOKYO2020」は一般公開はされず、「Yahoo! JAPAN」特設サイトでプログラムのライブ配信が行われる。

⼀年後へ。⼀歩進む。〜 +1メッセージ〜 TOKYO2020

日時

  • 2020年7月23日(木・祝)20:00〜20:15(予定)

場所

  • オリンピックスタジアム(国立競技場)

配信予定

東京五輪が延期になった経緯

東京オリンピック・パラリンピックの延期は、3月24日に正式決定した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により多くのスポーツイベントの開催中止や延期が相次ぐ中、2020年7月24日開幕予定だった東京オリンピック・パラリンピックも判断が求められていた。安倍晋三首相や東京2020組織委員会とIOCは電話協議を実施。そこで安倍首相から1年程度の延期を提案し、IOCのバッハ会長からも同意を得た。

大会名については「Tokyo 2020」のままになる。また、3月20日に日本に到着した聖火はそのまま日本国内に留まることも合わせて同意。大会日程の決定に合わせ、新たに聖火リレーの日程も決め直すことになった。

正式な新日程の決定

東京2020組織委員会は7月17日のIOC(国際オリンピック委員会)総会で、東京オリンピック各競技の新たな日程など準備内容を報告し、承認を受けた。新日程は延期前の1日前倒しとなり、2021年7月23日に開会式、8月9日に閉会式を行う。競技は7月21日のソフトボール予選からスタートする。

また大会組織委員会は新型コロナウイルス対策や予算削減について、課題や対策の洗い出しを行ったうえで、2020年秋から具体的な対策の検討および実施をしていく予定としている。