スケートボード

【9/13(金)】スケボー・パーク世界選手権準々決勝 放送予定|平野歩夢は上位進出なるか

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
東京オリンピックでは表彰台の頂点を目指す平野歩夢。本大会から本格的に夏季五輪出場を狙うショーン・ホワイト(中央)との対決にも注目

TOKYO2020(東京オリンピック)新種目に選ばれたスケートボード・パークの世界選手権がブラジル・サンパウロで現地時間9月12日から15日にかけて行われ、13日は準々決勝が実施される。今大会はオリンピック出場選考にかかわる大事な大会。

日本からは平野歩夢、岡本碧優(みすぐ)といった東京オリンピックでもメダル獲得が期待されている選手が出場する。平野の冬季五輪での最大のライバルだったショーン・ホワイトも参戦し、ライバル対決が再び注目される。

12日の予選では、平野は5位、ショーン・ホワイト13位で通過(カットラインは19位)し、ともに準々決勝に臨む。準々決勝から世界ランカーもシードで加わり、競技レベルも挙がるため、ここから本番となる。

「パーク世界選手権サンパウロ大会」はWorld Skate tvでインターネットのライブストリーミング(配信)にて放送される予定だ。

ここでは「パーク世界選手権サンパウロ大会」の日程と9月13日に催される準々決勝の放送予定について紹介する。

パーク世界選手権サンパウロ大会の日程(決勝以外は男女共通)

  • 9月12日:予選
  • 9月13日:準々決勝
  • 9月14日:準決勝、女子決勝
  • 9月15日:男子決勝

【9月13日(金)】パーク世界選手権サンパウロ大会の日程、放送予定

World Skate tv(生中継)※時間は日本時間

  • 女子準々決勝:22:00~25:00
  • 男子準々決勝:26:45~29:45(14日 2:45~5:45)

スケートボード・パークについて

スケートボード・パークはストリートとともに東京オリンピックの新種目に選ばれた。

パークでは大きな皿や深いお椀を複雑に組み合わせた窪地状のコースで行われる。選手たちは45秒の規定時間内で自らのボードの「デッキ」と呼ばれる板の部分を飛びながらつかむ「グラブ」やデッキを回転させたりしてパフォーマンスを行う。技の難易度や完成度、オリジナリティそしてスピードなどが総合的に評価され、そのポイントを競うことになる。

注目日本人選手

平野歩夢

スノーボード男子ハーフパイプで五輪2大会連続銀メダルを取得。多くの国際大会に出場し、世界ランキング32位に入ったものの上位とは差ができている。今大会で上位進出し、東京オリンピックへの可能性を高める。

岡本碧優(おかもと・みすぐ)

13歳という年齢を感じさせず、2019日本選手権大会準優勝、2019日本オープン優勝など輝かしい実績を残す。世界ランキングでも1位に位置し、東京オリンピックではメダル獲得の期待がかかる。

オリンピック出場関連情報

スケートボードのオリンピック出場権は五輪ランキング「オリンピック世界スケートボードランキング(OSWR)」で争われる。予選対象大会ごとにポイント係数が異なり、各大会優勝ポイントは最高グレードの世界選手権で80,000点、プロツアー大会で60,000点、Dewツアーや国際オープンなどの5スター大会では40,000点を獲得できる。

出場枠は2020年6月1日時点の五輪ランキングで上位に入るか、2020年シーズンの世界選手権(パークはチリ大会)の上位3位に入ることで獲得できる。また、2020年5月末の国際大会までの成績を反映した五輪ランキング上位16名にもオリンピック出場権が与えられる。ただし、5つの時期に分割し、その時期ごとの最高得点を合わせたものが最終順位に影響する。

日本は開催国枠を男女各種目で1つずつ持っており、各種目最大3人の選手が東京オリンピックに出場可能となる。

スケートボードの起源

1940年代にアメリカ西海岸で木の板に車輪を付けて滑った遊戯が始まりとされている。1950年代に入り、ゴム製の車輪が付随した「ローラーサーフィン」という商品が世に出てこれが現在のスケートボードの原型と呼ばれる。1990年代後半からは、音楽やファッションをと一緒にストリート文化の中心的存在になった。