ユースオリンピックのアルペンスキー競技

1月のローザンヌ2020ユースオリンピック冬季競技大会ではアルペンスキー5種目が実施される

アルペンスキー、それは人気だが習得が極めて難しい娯楽。

だからこそ、毎年大勢の人々がアルペンスキーの大会に集い、プロスキーヤーが斜面を高速で滑降するのを見て楽しむ。

アルペンスキー競技は注目を集める人気イベントであり、1月のローザンヌ2020ユースオリンピックでもスリリングなレースが期待される。

だが、回転大回転の違いや、アルペン複合の構成種目をご存知だろうか?

ローザンヌ2020で実施されるアルペンスキー種目について、もっとよく知ろう。YOGに出場する次世代の選手たちが目標とすべきスタースキーヤーも紹介する。

ユースオリンピックのアルペンスキーを観戦する方法

Olympic Channelは延べ13日間、計300時間にわたり、ローザンヌ2020ユースオリンピックの熱戦をストリーミング配信する。olympicchannel.comYouTubeの冬季ユースオリンピック専門チャンネルを始め、Amazon FireApple TVAndroid TVRokuなどのデバイスでも視聴できる。

その他にもニュースやハイライト、注目の話題、インタラクティブなインタビューなどを毎日お届けするライブショーも、FacebookTwitterolympicchannel.comで配信。さらにオリンピックと縁の深いアスリートなどにインタビューしたOlympic Channelポッドキャスト も毎日お届けする。

今大会についての情報はOlympic ChannelのFacebookTwitterInstagramYouTubeでも発信。ストリーミング配信の詳細を含む大会の競技日程はこちらで確認できる

アルペンスキーの競技会場と日程

ローザンヌ2020のアルペンスキーは1月10日~15日にディアブルレで行われる(日程の詳細は末尾に記載)

回転 vs 大回転 vs スーパーG

ローザンヌ2020では、回転、大回転、スーパーG、アルペン複合、混合団体パラレルが実施される。

回転は2つのコースを滑った合計タイムから総合スコアを算出。赤と青が狭い間隔で交互に並ぶゲート間を急ターンで通過する。

回転はターンに最も技巧を要する種目
回転はターンに最も技巧を要する種目回転はターンに最も技巧を要する種目

このため、選手はポールを払い倒す「クロスブロッキング」というテクニックを使いながらゲートを通過していく。ただし、ゲートを1つでも通過し損なえば失格となる。

大回転 のゲートは回転の場合より離れているが、2本の合計タイムを競うのは同じだ。

スーパーGのゲートはさらに離れているため、回転数が少なめでスピードは3種目のうち最速となる。回転、大回転と異なり、1本だけのタイムで競われる。

アルペン複合はスーパーGと回転で構成され、よってテクニックとスピードの両方が求められる。合計タイムで争い、スーパーGが1本目となる。

混合団体パラレルは国別対抗で2国ずつが直接対決(各チーム男女1名ずつの2名)。先にフィニッシュラインを切ったチームが勝ちとなる。

トーナメント形式の戦いは1/8ファイナルからスタート。ポイントが高い国(各レースで勝つと1ポイント、負けると0ポイント)が次のラウンドへ進む。

2019-20シーズンのワールドカップ最初の男子パラレル大回転はアルタ・バディアで行われた
2019-20シーズンのワールドカップ最初の男子パラレル大回転はアルタ・バディアで行われた2019-20シーズンのワールドカップ最初の男子パラレル大回転はアルタ・バディアで行われた

ペトラ・ブルホバ:希望の星

YOGスキーヤーが目標とすべき選手の一人は、スロバキア初のスキー世界王者ペトラ・ブルホバだ。

ユースからシニアへの移行は決して簡単ではないが、ブルホバはジュニアレベルで目覚ましい成績を残したあと、シニアでも結果を出している。

現在24歳のブルホバはインスブルック開催の2012ユースオリンピック競技大会で金メダルを獲得。2年後にはジュニア世界選手権のタイトルを手にした。

2016年から2018年にかけてワールドカップで4勝したブルホバにとって、2019は忘れられない1年となった。

ワールドカップ総合ランキングでミカエラ・シフリンに次ぐ2位。回転と大回転も2位でフィニッシュした。

しかし、何と言ってもブルホバが歴史を作ったのは世界選手権オーレ大会 。大回転でビクトリア・レーベンスブルクとシフリンを抑えて表彰台の頂点に立ち、スロバキアに初の金メダルをもたらした。

アルペン複合でも銀メダル、回転でも銅メダルを獲得して実力を証明し、今後シフリンのライバルとしてさらなる栄冠を獲得していくことを期待されている。

男子ではオーストリアのマルコ・シュバルツ が希望の星。2012ユースオリンピック競技大会で3つの金メダルを手にした。

さらに平昌2018で団体銀メダリストに輝き、2019年の世界選手権で3つのメダルを獲得。団体で銀メダル、回転とアルペン複合で銅メダルをつかんだ。

アルペンスキー競技日程

1月10日(金)

10:15 - 11:30 - 女子スーパーG

13:30 - 15:00 - 男子スーパーG

1月11日(土)

10:30 - 11:30 - 男子アルペン複合

12:30 - 13:30 - 女子アルペン複合

1月12日(日)

10:00 - 11:30 - 女子大回転1本目

12:45 - 14:15 - 女子大回転2本目

1月13日(月)

10:00 - 11:30 - 男子大回転1本目

12:45 - 14:15 - 男子大回転2本目

1月14日(火)

09:30 - 11:00 - 女子回転1本目

11:00 - 12:30 - 男子回転1本目

13:45 - 15:00 - 女子回転2本目

15:00 - 16:15 - 男子回転2本目

1月15日(水)

11:00 - 12:30 - 混合団体パラレル

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!