バスケットボール

Bリーグが新型コロナウイルスの影響で4/1までの131試合を無観客で実施|対象試合は無料放送

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
Bリーグの大河正明チェアマン

3月11日、ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響により、3月14日から4月1日に開催するB1、B2の全試合を無観客で実施することを発表した。対象試合はB1第28~32節、B2第27~30節の計131試合。

Bリーグは、2月28日から3月11日までに予定されていたB1(24~27節)とB2(25~27節)の計99試合を延期していたが、ポストシーズンの日程を考慮し、これ以上の延期は困難であると判断。3月14日から4月1日の131試合を無観客による試合実施に至った。

なおBリーグは、対象試合を”B.LEAGUE EVERYWHERE”と銘打ち、「バスケットLIVE」などで試合の無料放送・配信を行うをことも併せて発表。B1第28節(3/14~3/15)は「スカパー!Bリーグセット」、「DAZN」での無料放送・配信も決定している。