バスケットボール

【Bリーグ】アルバルク東京、田中大貴ら3選手の新型コロナウイルス陽性を発表|トップチームは14日から活動休止

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
新型コロナウイルス感染が確認されたアルバルク東京の田中大貴

ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)のアルバルク東京は8月14日、日本代表・田中大貴ら3選手の新型コロナウイルス(COVID-19)感染を発表した。3選手には発熱や倦怠感など、体調不良の症状は出ていない。トップチームは8月14日より活動を休止する。

アルバルク東京は8月11日に、選手・チームスタッフ・フロントスタッフ全員を対象にPCR検査を実施。13日に田中大貴、小島元基、津山尚大の3選手から、新型コロナウイルス感染症陽性判定が出た。3選手には体調不良の症状は今のところなく、3選手以外の選手・チームスタッフ・フロントスタッフは、全員陰性判定だったことも発表された。チームは今後、保健所とともに3選手の濃厚接触者の特定を進めていくとしている。

アルバルク東京は8月9日、11日から13日に全体練習を実施。今回陽性が確認された3選手の直近2週間の行動履歴についてチームは、練習参加以外は日常生活の範囲での外出にとどめていたと発表している。また、独自でPCR検査を行ったのは今回が2回目で、7月21日に行った1回目の結果は全員陰性だった。

トップチームは14日より活動を休止し、チームスタッフ・選手並びに濃厚接触の疑いがあるフロントスタッフは自宅待機としている。