BMXレース

BMXスーパークロスW杯マンチェスター大会が開幕。第1戦はフランス勢が表彰台を独占。

 BMXスーパークロスW杯マンチェスター大会、男子エリートの⻑迫吉拓が日本人最高の20位(写真は、2018年アジアゲームズ)

現地時間の4月27日、英国のマンチェスターでUCI BMXスーパークロス・ワールドカップ(W杯)が開幕し、第1戦が行われた。

この日行われた男子エリートでは、⻑迫吉拓 (岡⼭・MXインターナショナル)が日本人最高の20位。山口大地(新潟・早稲田大学)が22位で続いた。

優勝はフランスのジョリス・ドデー。2位、3位もフランス人選手が入り、フランス勢が表彰台を独占した。

女子エリートでは、畠⼭紗英(神奈川・⽇本体育⼤学)が日本人最高の20位に入った。丹野夏波(神奈川・早稲⽥⼤学)は41位。

優勝はデンマークのシモーネ・クリステンセン。2位、3位にはオランダ勢が続いた。

翌28日には、同競技の第2戦が行われる。