【BMXレーシング】スーパークロスW杯後半戦:派遣選手発表、アジア金の長迫吉拓ら

日本自転車競技連盟(JCF)は9月12日、Tokyo 2020(東京五輪)で採用されている種目の1つ、BMXレーシング・レースの大会、2019年UCI(国際自転車競技連合)BMXスーパークロス・ワールドカップ第7~10戦の派遣選手団を発表。メンバーには、リオデジャネイロ五輪代表で、2018年の第18回アジア競技大会(インドネシア・ジャカルタ)で金メダルを獲得した長迫吉拓(世界ランク51位)や、20歳の畠山紗英(同24位)らが選ばれた。

<男子>

長迫吉拓(モトクロスインターナショナル)

中井飛馬(日本体育大学)

吉村 樹希敢(GanTrigger)

<女子>

畠山紗英(日本体育大学)

丹野夏波(早稲田大学)

早川優衣(興譲高校)

籔田寿衣(大阪偕星学園高校)

リオデジャネイロ五輪出場の長迫吉拓
リオデジャネイロ五輪出場の長迫吉拓リオデジャネイロ五輪出場の長迫吉拓

BMXスーパークロスW杯は、オリンピック参加資格ランキングにポイントが反映される大会の1つ。BMXレーシングの出場枠は個人にではなく、国・地域ごとに与えられる。日本は開催国枠を男女1つずつ確保しているものの、男子のオリンピック参加資格ランキングは20位、女子は同13位で、1枠以上を獲得できる11位以内には届いていない。

BMXスーパークロスW杯日程(現地時間)

9月13日 第7戦 アメリカ合衆国サウスカロライナ州ロックヒル

9月14日 第8戦 アメリカ合衆国サウスカロライナ州ロックヒル

9月28日 第9戦 アルゼンチン共和国サンチアゴ・デル・エステロ

9月29日 第10戦 アルゼンチン共和国サンチアゴ・デル・エステロ

2019年のBMXスーパークロスW杯は全10戦で、これまでイギリス、オランダ、フランスで2戦ずつ行われている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!