詳細:オリンピックボクシング予選の実施階級

東京2020オリンピック競技大会に向け、ボクシングの実施階級について知っておくべき情報

東京2020オリンピック競技大会ボクシング競技は、男子8階級と女子5階級が実施される。

男女平等を促進しつつもボクシングの競技レベルを維持するため、今大会では女子の実施階級が2つ増加(リオ2016では3階級のみ実施)。女子選手の参加数も3倍増になる。

2020年2月から5月にかけて5大会が行われる予選は、Olympic Channelから世界に向けて独占配信される。

最新情報をチェックするには、このページのブックマークをお忘れなく。

東京2020ボクシング予選実施階級

男子は以下の8階級を実施:

  • フライ級(52kg)
  • フェザー級(57kg)
  • ライト級(63kg)
  • ウェルター級(69kg)
  • ミドル級(75kg)
  • ライトヘビー級(81kg)
  • ヘビー級(91kg)
  • スーパーヘビー級(+91kg)

女子は5階級で争われる:

  • フライ級(51kg)
  • フェザー級(57kg)
  • ライト級(60kg)
  • ウェルター級(69kg)
  • ミドル級(75kg)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!