東京2020オリンピックボクシング予選 | Q&A

採点方法や実施階級など、東京2020オリンピックボクシング予選についての疑問にOlympic Channelがお答えする。

2020年2月から5月にかけて、アマチュアチャンピオンを含む世界のトップボクサーたちが、東京2020オリンピックへの出場権を懸けて拳を交える。

ボクシング予選5大会の配信日程や視聴方法などは近日中に発表される予定。必要なすべての情報はOlympic Channelに掲載されている。最新情報をチェックするには、このページのブックマークもお忘れなく。

ここではオリンピック予選の選考方法や大会方式、注目選手やその他の詳細など、よくある質問(FAQ)にOlympic Channelがお答えしよう!

東京2020オリンピックへの出場権を獲得する方法は?

東京2020オリンピック競技大会への出場権を手にするチャンスは2回。最初のルートは、大陸別予選を勝ち上がること。もう一つは、世界最終予選で出場権を獲得できる。この最終予選にエントリーできるのは、当該階級で出場権を得ていない国内オリンピック委員会(NOC)のボクサーのみ。各大会の日時と会場は以下の通りだ:

アフリカ予選:ダカール(セネガル)、2020年2月20-29日
会場:ダカール国際エキスポセンター、ディアムニアディオ

アジア/オセアニア予選:アンマン(ヨルダン)、2020年3月3-11日
(2月に武漢で開催が予定されていたが、新型コロナウイルスの影響により変更)

ヨーロッパ予選:ロンドン(イギリス)、2020年3月14-24日
会場:カッパーボックス・アリーナ 、クイーンエリザベス・オリンピックパーク

アメリカ予選:ブエノスアイレス(アルゼンチン)、2020年3月27日-4月3日
会場:CeNARDハイパフォーマンスアスレティックトレーニングセンター

世界最終予選:パリ(フランス)、 2020年5月13-20日
会場:グランドーム、ビルボン=シュル=イベット

ダイバーシティ&インクルージョンを促進するため、オリンピックに出場する可能性が低い国と地域を対象とした「三者委員会招待」も、男子5枠、女子3枠の計8枠が用意されている。

採点方法は?

ターゲットエリアへの質の高い打撃の数、技術や戦術での優位性、反則による減点などを5人のジャッジが採点する。

各ジャッジはラウンドごとに採点し、優勢と判定した選手に10ポイント、劣勢だった選手に7~9ポイントを与える。採点はラウンド終了から15秒以内に提出しなければならない。

最終ラウンド終了後、各ジャッジの採点を合計して勝者を決定。3人以上のジャッジが与えたポイントをコンピューターが計測し、結果を判定する。

出場選手の年齢制限は?

答えはイエス。オリンピックのボクシング競技に出場できるのは、1980年1月1日から2001年12月31日までに生まれた選手のみ。年齢では18歳から40歳までとなる。

プロボクサーもオリンピックに出場可能?

答えはイエス。リオ2016からルールが変更され、プロボクサーもオリンピックに出場することが可能になった。

オリンピックのボクシングで採用されるルールは?

出場可能年齢は18歳から40歳まで。

ひげは口ひげのみが許可され、長さは上唇を超えてはならない。

グローブの重さは284g(約10オンス)、男子ウェルター級以上は340g(約12オンス)と定められている。

ウェアは赤または青とする。

男子の試合は1ラウンド3分の3ラウンド制。ヘッドギアの着用は認められない。

女子も1ラウンド3分の3ラウンド制だが、ヘッドギアの着用が義務付けられる。

ボクサーは各ラウンド開始および終了時、また勝者が決定した後にグローブタッチを行わなければならない。

試合の勝敗は、ノックアウト(KO)、レフリーストップ(RSC、負傷時はRSC-I)、ボクサーが自発的に試合を放棄またはセコンドがタオルを投げ入れた場合(ABD)、失格(DSQ)、不戦勝(WO)またはポイントによって決定する。

5人のジャッジがラウンドごとに採点し、それぞれのポイントを加算。より多くのジャッジに支持されたボクサーを勝者とする。全員一致の5-0はユナニマスデシジョン、採点が割れた場合はスプリットデシジョンと言う。

リングサイドには2人の医師が立ち会い、負傷などの理由で試合を終わらせる権限を持つ。

第1ラウンド途中に目の周辺を切るなどのケガを負い、レフリーが試合続行を不可能と判断した場合は、負傷していないボクサーを勝者とみなす。第2、第3ラウンドで負傷した場合は、それまでの採点で判定される。

オリンピックでの競技方法は?

対戦相手は抽選で決定。ノックアウト方式のトーナメントで争われるため、勝者が次のラウンドへ勝ち上がり、敗者はその時点で敗退する。

予選に続いて準々決勝、準決勝、決勝を行い、準決勝の敗者2人に銅メダルが与えられる。

男女とも1ラウンド3分間の3ラウンドで勝負する。

ノックアウト、レフリーストップ、失格またはジャッジ5人の採点による判定で勝者を決定する。

実施階級は?

東京2020オリンピック競技大会のボクシングは、男子が8階級、女子は5階級で実施される。

男子:フライ級(48-52kg)、フェザー級(52-57kg)、ライト級(57-63kg)、ウェルター級(63-69kg)、ミドル級(69-75kg)、ライトヘビー級(75-81kg)、ヘビー級(81-91kg)、スーパーヘビー級(91kg以上)

女子:フライ級(48-51kg)、フェザー級(54-57kg)、ライト級(57-60kg)、ウェルター級(64-69kg)、ミドル級(69-75kg)

ボクシングで最も多く金メダルを獲得している国は?

リオ2016までの記録では、計50個のアメリカが最も多い。ただし男子ライトヘビー級のアンドレ・ウォードが金メダルを獲得したアテネ2004以降、オリンピック王者は女子ミドル級のクラレッサ・シールズ(2012、2016)しかいない。
2位は37個のキューバ、3位は18個のイギリスが続く。

オリンピックでは1試合何ラウンド?

男女とも1ラウンド3分の3ラウンドで争われる。リオ2016では女子が1ラウンド2分間の4ラウンド制を採用していた。

ボクシング予選大会をライブ観戦する方法は近日中に発表される予定。こちらのページのブックマークもお忘れなく。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!