解説:東京2020ボクシング採点方法

オリンピックの予選および本大会では、パンチの質、戦術での優位性、反則による減点などによって各ボクサーにポイントが与えられる一方、ジャッジも制限時間内にスコアを提出しなければならない。

東京2020オリンピック競技大会ボクシングでの採点は、公平性を確保するために人間の目による判定とテクノロジーを併用する。

試合は男女とも1ラウンド3分間の3ラウンド制。勝敗はノックアウト、レフリーストップ、失格、またはリングサイドのジャッジ5人が与えるポイントによって決定する。

2020年2月から5月にかけて5大会が行われる予選は、Olympic Channelから世界に向けて独占配信される。

最新情報をチェックするには、このページのブックマークをお忘れなく。

ターゲットエリアへの質の高い打撃の数、技術や戦術での優位性、反則による減点などを5人のジャッジが採点する。

各ジャッジはラウンドごとに採点し、優勢と判定した選手に10ポイント、劣勢だった選手に7~9ポイントを与える。

採点はラウンド終了から15秒以内に提出しなければならない。最終ラウンド終了後、各ジャッジの採点を合計して勝者を決定。3人以上のジャッジが与えたポイントをコンピューターが計測し、結果を判定する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!