FIBA 3×3アジアカップ2019決勝トーナメント。女子日本代表チームが銅メダル

日本代表チームは、男女ともにFIBA 3×3アジアカップ2019決勝トーナメントを戦った(写真は2018年プロハッスル)
日本代表チームは、男女ともにFIBA 3×3アジアカップ2019決勝トーナメントを戦った(写真は2018年プロハッスル)日本代表チームは、男女ともにFIBA 3×3アジアカップ2019決勝トーナメントを戦った(写真は2018年プロハッスル)

現地時間の5月26日、中国の長沙市で行われている『FIBA 3×3アジアカップ2019』の決勝トーナメントが行われた。この日は、男女ともに準々決勝進出した日本代表チームが出場。女子チームは銅メダルを獲得した。

女子日本代表チームは、伊集南(デンソーアイリス)、篠崎澪(富士通レッドウェーブ)、西岡 里紗(三菱電機コアラーズ)、宮下希保(アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス)の4人で予選プールCを1位で突破。

準々決勝では、昨年覇者のニュージーランドを21-15で破り、準決勝に進出。準決勝では、カザフスタンに敗れたものの、3位決定戦で21-14でモンゴルに快勝し、銅メダルを獲得した。優勝は、20-9でカザフスタンに圧勝したオーストラリアが金メダルを獲得した。

小林大祐(ライジングゼファー福岡 / UTSUNOMIYA BREX.EXE)、藤高宗一郎(大阪エヴェッサ)、保岡龍斗(秋田ノーザンハピネッツ / SEKAIE.EXE)、杉浦佑成(サンロッカーズ渋谷 / TACHIKAWA DICE.EXE)の4人で出場した男子チームは、予選プールを2位で突破。優勝候補のオーストラリアとの対戦を迎えた。試合は14-21で敗れ、2年連続のメダル獲得はならなかった。

日本に勝利したオーストラリアは、危なげなく決勝進出。決勝では、モンゴルを相手に21-9で圧勝し、金メダルを獲得した。3位決定戦では、カザフスタンを14-11で破った中国が銅メダルを手にした。

  • 3x3狂騒曲:アルゼンチン対アメリカ戦の舞台裏

    3x3狂騒曲:アルゼンチン対アメリカ戦の舞台裏

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!