Gリーグ:テキサス・レジェンズの馬場雄大が25分間出場し5得点1リバウンド

馬場雄大が25分間出場(写真はプレシーズン時)
馬場雄大が25分間出場(写真はプレシーズン時)馬場雄大が25分間出場(写真はプレシーズン時)

NBA Gリーグのテキサス・レジェンズ対リオグランデバレー・バイパーズが現地2月21日(日本時間22日)にバートオグデン・アリーナで行われ、レジェンズは124-132で敗れた。

レジェンズの馬場雄大は第1Qでシュートを試みるが決まらず、第2Qでは2度にわたり3Pシュートを狙うも得点に結びつかず、前半を無得点で終える。馬場は第3Qに入ると、前方にできたわずかなスペースを見逃さず落ち着いて得点を挙げると、第4Qには冷静に3Pシュートを決めてレジェンズが逆転に成功する。しかしその後はバイパーズに試合の主導権を握られてしまう。馬場にダンクシュートの決定機が訪れるも得点にはならず、3Pシュートを狙うものの決めることはできなかった。馬場は計25分間出場し、5得点1リバウンドで試合を終えた。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!