Gリーグ:レジェンズ・馬場雄大、サンズ戦に23分出場 |チームは3連勝

サンズ戦で2リバウンド、2アシストをマークした馬場雄大
サンズ戦で2リバウンド、2アシストをマークした馬場雄大サンズ戦で2リバウンド、2アシストをマークした馬場雄大

馬場雄大が所属するGリーグのテキサス・レジェンズ(NBAダラス・マーベリックス傘下)は現地時間2月29日、テキサス州コメリカセンターでノーザンアリゾナ・サンズと対戦。第1Qからリードを奪うと、131-110で勝利を収めた。馬場は23分出場で無得点も、2リバウンド、2アシストを記録した。

Gリーグの正式名称は、「NBAデベロップメント・リーグ (NBA Development League)」で、将来のNBA選手を育成する目的で設立されたリーグ。馬場は2019年9月にNBAダラス・マーベリックスと、エキシビット10契約(キャンプ参加とプレシーズンゲームに出場する契約)を結んだ。プレシーズンゲーム終了後、ダラス傘下のレジェンズと契約した。

■テキサス・レジェンズ試合結果と馬場雄大の主要3部門記録(2020年2月)

2月1日

オースティン・スパーズ戦(102●111)

先発37分出場:18得点、3リバウンド、1アシスト

2月6日

アグアカリエンテ・クリッパーズ戦(123〇107)

先発35分出場:7得点、6リバウンド、1アシスト

2月8日

アイオワ・ウルブズ戦(132〇105)

先発33分出場:9得点、3リバウンド、4アシスト

2月10日

ソルトレイクシティ・スターズ戦(108●112)

先発36分出場:14得点、3リバウンド、1アシスト

2月19日

サウスベイ・レイカーズ戦(98●140)

22分出場:3得点、2リバウンド、2アシスト

2月21日

リオグランデバレー・バイパーズ戦(124●132)

25分出場:5得点、1リバウンド、0アシスト

2月26日

リオグランデバレー・バイパーズ戦(140〇120)

21分出場:11得点、2リバウンド、0アシスト

2月28日

スーフォールズ・スカイフォース戦(125〇117)

22分出場:0得点、2リバウンド、3アシスト

2月29日

ノーザンアリゾナ・サンズ戦(131〇110)

23分出場:0得点、2リバウンド、2アシスト

2019-2020シーズンのレジェンズは22勝18敗で、ウエスタンカンファレンス5位となっている。レジェンズの次戦は3月3日、オースティン・スパーズ戦となる。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!