Gリーグ:馬場雄大が11得点で勝利に貢献

3戦ぶりの2桁得点を決めた馬場雄大(写真はプレシーズン時)
3戦ぶりの2桁得点を決めた馬場雄大(写真はプレシーズン時)3戦ぶりの2桁得点を決めた馬場雄大(写真はプレシーズン時)

現地26日(日本時間27日)、NBA Gリーグのテキサス・レジェンズがリオグランデバレー・バイパーズと対戦し、140 – 120で勝利。3連敗にストップをかけた。レジェンズの馬場雄大は11得点をマークしている。

21日に続き、2戦連続のバイパーズ戦に挑んだ馬場。第1Q残り3分44秒からコートインすると、そのまま出場した第2Qでは残り8分3秒でこの日の初得点をマーク。4分16秒で再びベンチに戻った。68 – 68の同点でスタートした後半第3Qは、終盤で投入。残り1分13秒で3Pシュートを決め、リードを6点に広げた。第4Qはスタートから出場。1本2点のフリースロー2本とダンク1本を追加し、同Qで大きく相手を突き放したチームの大勝に貢献した。

馬場は最終的に21分間出場し、11得点2リバウンド1スティールをマークした。

なお、直近5試合の馬場の成績は下記のとおり(すべて現地時間)。

2月6日 

アグアカリエンテ・クリッパーズ戦(123 – 107で勝利)

先発 35分出場 7得点7リバウンド1アシスト1スティール

2月10日 

ソルトレイクシティ・スターズ戦(108 – 112で敗戦)

先発 36分出場 14得点3リバウンド1アシスト2スティール1ブロック

2月19日 

サウスベイ・レイカーズ戦(98 – 140で敗戦)

22分出場 3得点2リバウンド2アシスト

2月21日 

リオグランデバレー・バイパーズ戦(124 – 132で敗戦)

25分出場 5得点1リバウンド1ブロック

2月26日 

リオグランデバレー・バイパーズ戦(140 – 120で勝利)

21分出場 11得点2リバウンド1スティール

次戦は28日(日本時間29日)、スーフォールズ・スカイフォースと対戦する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!