バスケットボール

Gリーグ:馬場雄大が7分出場 レジェンズは連勝ストップ

文: 大石ななみ ·
思うように出場時間が伸ばせない馬場雄大。次戦は存在感を示せるか(写真はプレシーズン時)

現地3月8日(日本時間9日)、NBA Gリーグのテキサス・レジェンズがアグアカリエンテ・クリッパーズとの2連戦目を行い、111 – 117で敗北。連勝は5でストップした。レジェンズの馬場雄大は7分間出場し、無得点だった。 

6日に行われたクリッパーズとの対戦では3点差で辛勝したレジェンズ。2連戦目となるこの日も、両者譲らぬ接戦となった。見事に拮抗した第1Q(クォーター)を21 – 22で終えると、第2Qは一時12点のリードを奪われるも同Q内で巻き返し、48 – 47と逆転して後半に突入した。

試合は第3Qも抜きつ抜かれつの攻防が繰り広げられたが、残り8分30秒から再びクリッパーズが12点差でリードするなど、レジェンズ劣勢の展開に。76 – 85でスタートした第4Q は再逆転のチャンスをつかめず、そのまま6点差で敗北した。

馬場は第1Q残り1分47秒で投入されると、1本の3Pシュートを試みたが失敗。続く第2Qは開始40秒でベンチに下がったが、残り2分10秒で再びコートインし、1スティールをマークした。第3Qも2分40秒コートに立ったが目立ったプレーはなし。第4Qは出場機会がなかった。最終的に約7分の出場で0得点1スティールという成績だった。

直近6試合の馬場の出場記録は下記の通り(すべて現地時間)。

■テキサス・レジェンズ試合結果と馬場雄大の主要3部門記録(2020年2月後半〜3月)

2月26日

リオグランデバレー・バイパーズ戦(140〇120)

21分出場:11得点、2リバウンド、0アシスト

2月28日

スーフォールズ・スカイフォース戦(125〇117)

22分出場:0得点、2リバウンド、3アシスト

2月29日

ノーザンアリゾナ・サンズ戦(131〇110)

23分出場:0得点、2リバウンド、2アシスト

3月3日

オースティン・スパーズ戦(124〇119)

13分出場:2得点、0リバウンド、1アシスト

3月6日

アグアカリエンテ・クリッパーズ戦(100〇97)

15分出場:5得点、3リバウンド、0アシスト

3月8日

アグアカリエンテ・クリッパーズ戦(111●117)

7分出場:0得点、0リバウンド、0アシスト(1スティール)

次戦は13日(日本時間14日)、ソルトレイクシティ・スターズと対戦する。