Gリーグ:レジェンズ5連勝 馬場雄大は15分出場で5得点

第1Qで5得点をマークした馬場雄大(写真はプレシーズン時)
第1Qで5得点をマークした馬場雄大(写真はプレシーズン時)第1Qで5得点をマークした馬場雄大(写真はプレシーズン時)

現地3月6日(日本時間7日)、NBA Gリーグのテキサス・レジェンズがアグアカリエンテ・クリッパーズと対戦し、100 – 97で辛勝。5連勝目を飾った。馬場雄大は15分間出場し、5得点をマークした。

始終拮抗したこの日の試合。第1Q(クォーター)を25 – 26で終えると、続く第2Qはレジェンズが一時11点のリードを奪うも、第3Q終盤でクリッパーズが追いつき71 – 71の同点に。最終Qは逆転したクリッパーズが最大7点差でリードしたが、残り1分27秒でレジェンズが再び逆転。最終的に3点差でレジェンズが勝利した。

馬場は第1Q中盤でコートインすると、3Pシュートとダンクを1本ずつ決めて5得点。第2Qは出番がなく、第3Q終盤で再びコートに出たが、ここでは1本の3Pシュートを外して無得点に。第4Qもリバウンド2つを獲得したが無得点だった。この日の成績は約15分間の出場で5得点3リバウンド1スティールだった。

直近6試合の馬場の出場記録は下記の通り(すべて現地時間)。

■テキサス・レジェンズ試合結果と馬場雄大の主要3部門記録(2020年2月後半〜3月)

2月21日

リオグランデバレー・バイパーズ戦(124●132)

25分出場:5得点、1リバウンド、0アシスト

2月26日

リオグランデバレー・バイパーズ戦(140〇120)

21分出場:11得点、2リバウンド、0アシスト

2月28日

スーフォールズ・スカイフォース戦(125〇117)

22分出場:0得点、2リバウンド、3アシスト

2月29日

ノーザンアリゾナ・サンズ戦(131〇110)

23分出場:0得点、2リバウンド、2アシスト

3月3日

オースティン・スパーズ戦(124〇119)

13分出場:2得点、0リバウンド、1アシスト

3月6日

アグアカリエンテ・クリッパーズ戦(100〇97)

15分出場:5得点、3リバウンド、0アシスト

次戦は8日(日本時間9日)、再びクリッパーズと対戦する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!