IOCのトーマス・バッハ会長、安倍首相の辞意表明に声明「リーダーシップに感謝」

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長は8月28日、安倍晋三内閣総理大臣の辞意表明を受け、声明を発表した。声明は以下の通り。

IOCのバッハ会長と安倍総理

安倍首相の辞任を知り、とても悲しく思っております。

まず安倍首相のご健康を心よりお祈り申し上げます。同時に、1964年の東京オリンピック以来となる、日本での五輪開催に向けて偉大なリーダーシップを発揮してくださったことに感謝申し上げます。Tokyo2020(東京オリンピック・パラリンピック)大会の準備を監督し、支援してくださったことに感謝しています。

安倍首相のご協力は、東京五輪組織委員会が過去最高の準備をする上で不可欠なものでした。この間、常に日本の利益を考え、同時に常に信頼できる強力なパートナーでもありました。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックという非常に困難な状況の中、大会を1年延期するという解決策を見つけることもできました。

日本の全アスリート、さらには世界中のアスリートが感謝していることをここに表明いたします。

原文:STATEMENT BY IOC PRESIDENT THOMAS BACH ON PRIME MINISTER ABE SHINZO'S RESIGNATION(オリンピック公式)