野球

【MLB】10月1日の試合結果: 秋山翔吾は4打数無安打、レッズはポストシーズン敗退

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

ポストシーズンに突入している北米プロ野球・MLB(メジャーリーグベースボール)は現地時間10月1日(日本時間2日)、ワイルドカードシリーズ(3回戦制)4試合を開催。秋山翔吾(シンシナティ・レッズ)が先発出場した。ここでは日本人選手出場試合の結果を振り返る。

10月1日の試合結果(MLB公式)

ナショナル・リーグはこの日シリーズ第2戦を実施。秋山はアトランタ・ブレーブス戦に1番レフトで先発出場し、4打数無安打に終わった。チームは0-5で敗れ、第1戦から連敗。ポストシーズン敗退が決まった。

ダルビッシュ有所属のシカゴ・カブスとマイアミ・マーリンズの試合は中止。翌日に順延となった。現地時間2日は、ダルビッシュの先発登板が予想されている。

アメリカン・リーグは第3戦が行われ、オークランド・アスレチックスが6-4で勝利し地区シリーズに進んだ。

筒香嘉智所属のタンパベイ・レイズと、田中将大所属のニューヨーク・ヤンキース、ヒューストン・アストロズは既に地区シリーズ進出を決めている。

2020年MLBポストシーズン