野球

【MLB】10月14日の試合結果: リーグ優勝決定シリーズ第4戦、筒香嘉智がPS初安打もレイズのWS進出はお預け

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

ポストシーズン(PS)に突入している北米プロ野球・MLB(メジャーリーグベースボール)は現地時間10月14日(日本時間15日)、リーグ優勝決定(チャンピオンシップ)シリーズ(7回戦制)を開催。タンパベイ・レイズの筒香嘉智がポストシーズン初安打を放った。

10月14日の試合結果(MLB公式)

タンパベイ・レイズとヒューストン・アストロズによるアメリカンリーグのリーグ優勝決定シリーズは、この日第4戦を迎えた。3連勝でシリーズ突破に王手をかけるレイズは、筒香嘉智が8番・指名打者(DH)で先発出場。筒香は2打席凡退後の第3打席でピッチャー強襲の内野安打を放ち、ポストシーズン初安打をマークした。1点ビハインドの9回表2死3塁で回ってきた第4打席では、ライトフライに倒れゲームセット。一打同点のチャンスをものにすることはできなかった。筒香はこの日4打数1安打。レイズは3-4で敗れ、ワールドシリーズ(WS)進出はお預けとなった。

ナショナルリーグのリーグ優勝決定シリーズ、アトランタ・ブレーブス対ロサンゼルス・ドジャースは15-3でドジャースが勝利。対戦成績は、ブレーブス2勝、ドジャース1勝となった。

2020年MLBポストシーズン