野球

【MLB】8月14日の試合結果:秋山翔吾と大谷翔平に安打…菊池雄星は急きょ登板回避

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

北米プロ野球MLB(メジャーリーグベースボール)は現地時間8月14日(日本時間8月15日)、14試合が開催された。エンゼルスの大谷翔平、レイズの筒香嘉智、レッズの秋山翔吾が出場。先発予定だったマリナーズ菊池雄星は登板回避となった。ここでは、日本人選手出場試合を振り返る。

攻守に存在感を発揮しているシンシナティ・レッズの秋山翔吾

シンシナティ・レッズの秋山は1番・レフトで、ピッツバーグ・パイレーツ戦に出場。4打数1安打で、8-1の勝利に貢献した。打率は2割3分1厘。

タンパベイ・レイズの筒香は6番・指名打者(DH)で、トロント・ブルージェイズ戦に出場。2打席とも四球で迎えた6回の第3打席、無死二塁の場面だったが代打を送られた。試合は4-12で黒星。ブルージェイズの山口俊に登板機会はなかった。筒香の打率は1割8分2厘。

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷は5番DHでロサンゼルス・ドジャース戦に出場した。3打席凡退で迎えた9回の第4打席、レフトへの二塁打で出塁。その後、代打ブライアン・グッドウィンの二塁打で生還する。しかし後続が続かず、チームは4-7で敗れた。大谷の打率は2割1分4厘。

シアトル・マリナーズの菊池は、ヒューストン・アストロズ戦に先発予定だったものの、直前に首のけいれんを訴えて登板回避となった。球団SNSが伝える。ネストル・コルテスが急きょ先発を任されるも0回1/3を8失点(自責点7)で降板。2回までに10失点を喫し、1-11で敗れている。

アメリカンリーグ結果(8月14日)

ブルージェイズ 12-4 レイズ

ヤンキース 10-3 レッドソックス

タイガース 5-10 インディアンス

アストロズ 11-1 マリナーズ

ツインズ【中止】 ロイヤルズ

ナショナルリーグ結果(8月14日)

フィリーズ 6-5 メッツ

レッズ 8-1 パイレーツ

マーリンズ 8-2 ブレーブス

カブス 3-4 ブリュワーズ

ダイヤモンドバックス 5-1 パドレス

インターリーグ結果(8月14日)

ナショナルズ 2-6 オリオールズ

オリオールズ 3-15 ナショナルズ

ロッキーズ 2-3 レンジャーズ

エンゼルス 4-7 ドジャース

ジャイアンツ 7-8 アスレチックス

ホワイトソックス【中止】カージナルス