【MLB】8月1日の試合結果:田中将大が今季初登板…前田健太は2勝目

現地時間8月1日(日本時間2日)、北米プロ野球MLB(メジャーリーグベースボール)11試合が行われた。ミネソタ・ツインズの前田健太は2勝目。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大は今季初登板となった。また、シアトル・マリナーズの菊池雄星も好投を見せ、先発の役割を果たしている。

今季初登板を果たした田中将大
今季初登板を果たした田中将大今季初登板を果たした田中将大

現地時間7月4日の練習中に、打球が頭部に直撃。脳しんとう回復プロトコルを受けていたヤンキースの田中が、ボストン・レッドソックス戦で今季初登板に臨んだ。田中は順調な立ち上がりを見せ、ヤンキースも2回までに5点のリードを奪う。しかし3回、四球と安打で得点圏に走者を背負うと、4番のザンダー・ボガーツに二塁打を打たれて失点。さらに味方の送球に乱れが生じ、2点目を献上する。田中はここで降板。2回2/3を51球、被安打4の自責点1だった。チームは5-2で勝利。田中に勝ち負けは付いていない。

ツインズの前田は、クリーブランド・インディアンス戦に先発。6回83球、被安打1与四球1で降板する。チームは3-0で勝利。前田は2勝目を挙げた。

マリナーズの菊池は今季2回目の登板。前回は3回2/3を投げて5失点を喫したが、今季2回目の登板は好投。6回89球、被安打3、与四球1の9奪三振と好投を見せる。菊池は2-0とリードした場面で降板するも、後続が追いつかれ、今回の登板も勝ち負けは付かなかった。

View this post on Instagram

✨ 𝕄𝔸𝔾𝕀ℂ ✨

A post shared by Seattle Mariners (@mariners) on

タンパベイ・レイズの筒香嘉智は3番・レフトで出場。4打数無安打、1四球と快音は聞かれなかった。試合は延長11回に失点、4-5でボルティモア・オリオールズにサヨナラ負けを喫した。

■アメリカンリーグ結果(8月1日)

ロイヤルズ 5-11 ホワイトソックス

エンゼルス 5-4 アストロズ

ヤンキース 5-2 レッドソックス

ツインズ 3-0 インディアンス

オリオールズ 5-4 レイズ

マリナーズ 2-3 アスレチックス

■ナショナルリーグ結果(8月1日)

マーリンズ【中止】ナショナルズ

ブリュワーズ【中止】カージナルス

ブレーブス 7-1 メッツ

ロッキーズ 6-1 パドレス

ダイヤモンドバックス 2-11 ドジャース

カブス 4-3 パイレーツ

■インターリーグ結果(8月1日)

タイガース【中止】レッズ

ブルージェイズ【中止】フィリーズ

ブルージェイズ【中止】フィリーズ

ジャイアンツ 7-3 レンジャーズ

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!