野球

【MLB】9月16日の試合結果:秋山翔吾が決勝タイムリー、筒香嘉智は2三振

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

北米プロ野球・MLB(メジャーリーグベースボール)は現地時間9月16日(日本時間9月17日)、16試合を行った。シンシナティ・レッズの秋山翔吾は、ピッツバーグ・パイレーツ戦で決勝タイムリーヒットを放った。タンパベイ・レイズの筒香嘉智は途中出場。ここでは日本人選手が出場した試合を振り返る。

9月16日の試合結果(MLB公式)

秋山は1番レフトで先発出場。0-0で迎えた5回裏二死二三塁のチャンスで迎えた第3打席で、秋山は6球目をレフト前にはじき返し、タイムリーヒットを放つ。これがこの試合唯一の得点となり、レッズは1-0で勝利。秋山は3打数1安打1打点1四球で、打率を.239としている。

ワシントン・ナショナルズ戦の7回裏に代打で登場した筒香は、空振り三振に倒れる。続く9回の第2打席も空振り三振に終わり、この日は2打数ノーヒット。試合はナショナルズが延長戦の末、4-2で勝利を収めた。

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は出番がなく、3試合連続の欠場。エンゼルスはアリゾナ・ダイヤモンドバックスに6-9で敗れた。

現地時間17日は、前田健太(ミネソタ・ツインズ)と田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)の先発登板が予想されている。