野球

【MLB】9月19日の試合結果:筒香嘉智と大谷翔平がそれぞれホームラン、平野佳寿は3セーブ目

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

北米プロ野球・MLB(メジャーリーグベースボール)は現地時間9月19日(日本時間20日)、15試合を行った。筒香嘉智(タンパベイ・レイズ)と大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)が、それぞれホームランを放ちチームの勝利に貢献。ここでは日本人選手が出場した試合を振り返る。

9月19日の試合結果(MLB公式)

筒香嘉智はボルティモア・オリオールズ戦に1番・レフトで先発。3回表の第2打席で、同点に追いつく8号ソロホームランを放った。5回の第3打席ではフォアボールを選ぶと、3番・アロサレーナのホームランで生還し勝ち越しのホームを踏んだ。筒香は3打数1安打1四球1打点で打率は.203。試合はレイズが3-1で勝利した。

大谷はテキサス・レンジャーズ戦で7試合ぶりに先発出場。6番・指名打者でスターティングメンバーに名を連ねた。3点ビハインドの2回裏、第1打席で追撃の6号ソロホームランを放った。先頭打者で迎えた5回の第2打席ではセンター前ヒットで出塁すると、続く7番・ウォードの二塁打で生還。エンゼルスはこの回に追いつくと、8回に勝ち越し4-3で勝利した。大谷は3打数2安打1打点で、打率を.200としている。

平野佳寿(シアトル・マリナーズ)はサンディエゴ・パドレス戦の最終回、3点リードの場面で4番手として登板。3連打を浴びてノーアウト満塁のピンチを背負うが、7番・クロネンワースを併殺に仕留めると、続くプロファーをセカンドゴロに抑え無失点で凌いだ。平野は1回無失点で、今季3セーブ目。マリナーズは4-1で勝利した。

現地時間20日は、ダルビッシュ有(シカゴ・カブス)の先発登板が予想されている。