野球

【MLB】9月2日の試合結果:秋山翔吾が一時同点となるタイムリー、9回にはサヨナラの生還

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

現地時間9月2日(日本時間9月3日)、北米プロ野球MLB(メジャーリーグベースボール)が14試合行われた。シンシナティ・レッズの秋山翔吾が一時同点となるタイムリーヒットを放ち、チームの勝利に貢献した。ここでは、日本人選手出場試合を振り返る。

秋山はセントルイス・カージナルス戦に8番・レフトで先発出場。1点ビハインドの2回裏に一時同点となるタイムリーヒットをマークした。9回裏の第4打席では四球で出塁。2塁へ進んだ後、ジョーイ・ボットのライトへのヒットの間に生還しサヨナラのホームを踏んだ。秋山はこの試合で2打数1安打1打点1四球1死球で、打率を.196としている。

大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)はサンディエゴ・パドレスに1番・指名打者(DH)で先発出場した。ヒットは出なかったが、第2打席と第4打席で四球を選び出塁した。大谷はこの日2打数ノーヒット2四球で、打率は.185。エンゼルスは同点で迎えた8回に8失点を喫し、カージナルスに敗れている。

タンパベイ・レイズの筒香嘉智は、8回に代打で登場。ライトにヒットを放った。チームはニューヨーク・ヤンキースに5-2で勝利している。

9月2日の試合結果(MLB公式)