バスケットボール

NBAが全試合の無期限停止を発表…所属選手が新型コロナウイルス予備検査で陽性

メンフィス所属の渡邊雄太も「まじか」と驚き

文: 渡辺文重 ·

北米プロバスケットボールリーグのNBAは現地時間3月11日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予備検査で、リーグ所属選手に陽性反応が出たと発表した。この検査結果を受け、NBAは12日以降の全試合を無期限で停止。中断期間に、今後の対応について協議するとしている。

11日開催のニューオーリンズ・ペリカンズ対サクラメント・キングス戦も中止に

陽性反応が出た選手はユタ・ジャズ所属。この検査結果は、チェサピーク・エナジー・アリーナで開催されるジャズとオクラホマシティ・サンダーの試合開始直前に伝えられ、その時点で試合は中止。陽性反応の出た選手はアリーナ内にいなかった。

NBAメンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約を結ぶ渡邊雄太は、自身のTwitterアカウントに「まじか。。。でも健康第一ですしね」と投稿。驚きとともに、リーグの判断に理解を示した。

NBAは4月15日にレギュラーシーズンが終了。18日からポストシーズンシリーズ(プレーオフ)が開始する予定だった。