NBAウィザーズ八村塁、ウルブズの徹底マーク受け低調に

開幕戦以来、初の1桁得点となった八村。徹底的なマークはウィザーズの得点源として認められている証拠(写真は10/23のマブス戦)
開幕戦以来、初の1桁得点となった八村。徹底的なマークはウィザーズの得点源として認められている証拠(写真は10/23のマブス戦)開幕戦以来、初の1桁得点となった八村。徹底的なマークはウィザーズの得点源として認められている証拠(写真は10/23のマブス戦)

現地時間11月2日、NBA公式戦が全米各地で行われ、ワシントン・ウィザーズの八村塁がミネソタ・ティンバーウルブズ戦に先発出場するも、チームは109-131で敗れた。

主軸のカール・アンソニー・タウンズを欠くウルブズをホームで迎え撃ったウィザーズだが、エースのブラッドリー・ビールがひとり気を吐くなかチーム全体が振るわず、ここまで好調だった八村もウルブズから徹底的なマークに遭い、出場22分29秒で4得点、2リバウンドと不発に終わった。

3連敗のウィザーズは、日本時間5日9時にデトロイト・ピストンズと対戦する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!