NBAグリズリーズOP戦:来季本契約を目指す渡邊雄太が約9分プレー

オープン戦初日に9分間のチャンスを得た渡邊雄太。存在感アピールのため、さらなるプレー時間、スタメン入りを目指す
オープン戦初日に9分間のチャンスを得た渡邊雄太。存在感アピールのため、さらなるプレー時間、スタメン入りを目指すオープン戦初日に9分間のチャンスを得た渡邊雄太。存在感アピールのため、さらなるプレー時間、スタメン入りを目指す

現地時間10月6日、米プロバスケットボールNBAのメンフィス・グリズリーズの渡邊雄太が、チームの地元テネシー州でイスラエルのマッカビ・ハイファとのオープン戦(プレシーズン)初戦に9分間出場した。

渡邉は途中出場で約9分間プレー。1得点2リバウンドを挙げ、チームは123-89で勝利した。

現在2ウェイ契約によりNBAのグリズリーズと、下部組織Gリーグのメンフィス・ハッスルを行き来する渡邊は、来季の本契約を目指し、オープン戦での存在感アピールに挑む。

今季の渡邊はハッスルで33試合、グリズリーズで15試合出場を果たした。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!