【NBA】ウィザーズ八村塁、8リバウンドも無得点...チームも敗戦

NBA入り後、初めての無得点となった八村塁
NBA入り後、初めての無得点となった八村塁NBA入り後、初めての無得点となった八村塁

現地11月6日(日本時間7日)、NBAワシントン・ウィザーズはインディアナ・ペイサーズと対戦し106 – 121で完敗した。八村塁はこの日も先発したが、無得点だった。

試合は第1Q(クォーター)こそ26 – 26と拮抗したが、第2Qでペイサーズが一気にリード。ウィザーズはブラッドリー・ビール、トーマス・ブライアントを中心に得点を重ねるも、そのまま点差をつめることができず、2連勝を勝ち取ることができなかった。

開幕から7戦連続でスターターに名を連ねた八村は、この日20分50秒出場。8リバウンド1アシストをマークしたが、3P(ポイント)1本を含む5本のシュートすべてに失敗し、無得点に沈んだ。

ウィザーズ公式ツイッター:

「インディアナでの試合が終了。

(ブラッドリー)ビール:30得点5リバウンド5アシスト

(トーマス)ブライアント:20得点11リバウンド2アシスト

(CJ)マイルズ15得点」

ウィザーズはこの試合で戦績を2勝5敗とした。次戦は8日(日本時間9日)、クリーブランド・キャバリアーズと対戦する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!