NHKと国際パラリンピック委員会が東京パラリンピックの映像を共同作成

東京パラリンピックの映像をNHKとIPCが作成することとなった(写真はパラリンピックのメダル)
東京パラリンピックの映像をNHKとIPCが作成することとなった(写真はパラリンピックのメダル)東京パラリンピックの映像をNHKとIPCが作成することとなった(写真はパラリンピックのメダル)

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は12月11日、日本放送協会(NHK)と国際パラリンピック委員会(IPC)が大会組織委員会と協力し、東京パラリンピック競技大会の公式記録映像を共同で制作することを発表した。

競技に挑むパラリンピック選手のドキュメンタリー番組をNHKが制作。その番組をIPCが再編集、パラリンピック公式映画として作成する。映像の作成は2020年から本格的に始まり、2020年末にNHKで放送された後、パラリンピック公式映画として国内外で公開される予定だ。

NHKは「今回の共同制作により、パラリンピックへの理解と関心、共感の輪を広げていくことを目指す」とコメント。IPCのアンドリュー・パーソンズ会長も「東京パラリンピック競技大会の公式映画を制作するのを楽しみにしている。すばらしい記録映像になると確信している」とコメントしている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!