NPBとJリーグが新型コロナ対策連絡会議で専門家から受けた提言を公表…応援スタイル別にも言及

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
提言には応援スタイルのリスク評価例も記載された

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は3月12日、日本野球機構(NPB)と設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」で専門家から受けた提言の全文を公式サイトに掲載した。

提言の中では基本方針として、新型コロナウイルス感染症対策は個人防衛、集団防衛、社会防衛の3つの見地から考える必要があることが記された。また、選手・コーチ・監督・スタッフが発熱や咳などの症状を認めたら休む勇気を持つこと、観客も同様の症状を認めた場合にはスタジアムに行かないという文化を醸成することが重要との提言が盛り込まれた。

野球やサッカー観戦の観客に対する感染予防策(一部抜粋)

  • 発熱、咳、倦怠感、咽頭痛などが見られる場合には観戦を控える(心臓、肺などに基礎疾患がある場合も同様)
  • 入場時の濃厚接触を減らすための工夫 (ゾーニングなど)
  • サーモメーター等を利用したスタジアム入場時の体温チェック
  • スタジアム内でのマスク着用の呼びかけ
  • 観戦時の濃厚接触を減らす工夫
  • スタジアムの回遊型コンコースの移動制限
  • 応援歌合唱、鳴り物使用の応援スタイルの変更と観客同士のハイタッチ等接触の禁止

応援スタイルのリスク評価例

感染リスク「高」

  • ジェット風船応援→(飛沫感染リスク)
  • 肩組み、飛び跳ねなど集団での動きの伴う応援→(接触感染リスク)
  • 立ったり座ったりを繰り返す集団での動きの伴う応援→(接触感染リスク)
  • 指笛の応援→(飛沫感染リスク)
  • トランペット・ホイッスル等の鳴り物応援→(飛沫感染リスク)
  • メガホンを打ち鳴らしながらの声援(自然に歓声が大きくなる)→(飛沫感染リスク)
  • ビッグフラッグ応援(旗の下で多数が密集状態で旗を動かす)→(接触感染リスク)
  • ビッグプレー、ファインプレー等での観客のハイタッチ→(接触感染リスク)
  • 両手をメガホン代わりにした大声での声援、応援→(飛沫感染リスク)
  • フラッグ応援(多数が新聞紙大の手旗を振る)→(接触感染リスク)

感染リスク「中」

  • 応援団による声の指揮による歌唱+拍手応援(自席で手をたたき歌う程度)
  • 応援団の太鼓リードによる声援、拍手
  • プレーの度の拍手や通常の声援(両手をメガホン代わりに使わない)

感染リスク要検討

  • サメダンス応援(両手の手のひらを上下に合わせる)
  • 応援タオルを回す、応援タオルを横に広げて左右に振る

【提言】日本野球機構・日本プロサッカーリーグにおける新型コロナウイルス感染症対策